まいにち キラキラ

ricolar.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ABC料理 ( 23 ) タグの人気記事


2011年 11月 29日

2011.11 Mメニュー 手作りパスタ

男性も通えるABCの料理教室+mで人気のメニューが、通常クラスで習えるのがMメニュー。
11月と12月のメニュー、手打ちパスタにひかれて受講してきました。

今回はまた違うスタジオ。銀座松坂屋。ここにも、別のカリスマがいるということで、さっそくカリスマ講師のクラスを予約。

メニューは、手打ちパスタと白身魚のカルパッチョ。
b0153126_9223595.jpg

手打ちパスタは、パンをやっている人には簡単だと思います。こんなに簡単にパスタってできるの?って思いました。

が!

正直、料理クラスにはパンを習っていない人も当然いるわけで。粉の配合がセモリナ粉100%ではなくて、強力粉の中にセモリナ粉を入れているという感じなので、できあがりも、食感も、うどんみたい。
先生も、家で作るときはセモリナ粉の配合増やしてみてと言ってました。

ABCのレシピではなくて、ちゃんとした手打ちパスタを習いたいって、ホントに思いました。

でも、家で手軽に作りたいという人には、セモリナ粉を増やして作ってみるといいと思います。パンを作るよりも、簡単でしたから。ABC流手打ちパスタは。

カルパッチョは、まあ、普通。
鯛を切るだけですから!
まあ、刺し身の切り方は学べました。


さて、カリスマ先生ですが、メニューはちょっと残念な内容でしたが、授業はよかったです。
レシピに書いてあることはもちろん、書いてないけど、実際に自分で作ったうえでのアレンジの仕方や工夫なども教えていただけるし、とにかく勉強になりました。
[PR]

by ricolar | 2011-11-29 09:16 | ABCクッキングスタジオ
2011年 11月 24日

いかのおろし方を学ぼう

地元スタジオでの久々の料理レッスン。
11月Aメニューを受講してきました。

b0153126_16583988.jpg


* いかめし/するめいかのバターしょうゆ炒め
* 花麩のお吸い物
* 10品目の健康サラダ
* ストロベリーヨーグルト

以上、5品でした。
Cメニューとは違い、切り物も少なく、余裕の授業でした。

いかめしは、炊いてあるもち米をいかの中に詰めるという、簡単なやり方を教わりました。いかめしというと、生のもち米を詰めて煮て……というイメージだったのですが、なるほど、こうやれば簡単ですね。
おいしいんですけど、駅弁で有名な森のいかめしほど、味がしみ込んでいると言う感じではありませんでした。

ゲソも調理して食べましたけど……
そもそも、いかを一人一杯食べるなんて、なかなかありませんよね^_^;
かなりボリュームがあって、お腹一杯になりました。

花麩のお吸い物は、市販のだしを使った簡単お吸い物。
ストロベリーヨーグルトも、市販のヨーグルトに市販のいちごジャムをかけた物。
うーん、手抜き?

10品目サラダは、手づくりの胡麻ドレッシングを習えたのが大収穫!
胡麻ドレ ヘビーユーザーの私としては、ぜひ実践したいレシピ。味もおいしかったです。


さて、某スタジオのカリスマ講師のあとの、授業。
もっとも教わるメニューが違うので、比較はできませんが。でも、カリスマはやっぱり堂々としているというか。なんとなく、風格が違うような気がする……。
[PR]

by ricolaR | 2011-11-24 17:06 | ABCクッキングスタジオ
2011年 11月 22日

カリスマ講師に習う 11月Cメニュー

都内にある某スタジオに、キャンセル待ちが多いときで20人にもなるという、人気カリスマ講師がいるそうです。
中でも、会社終わりの19時過ぎのクラスは日付が変わると同時に予約でいっぱいになるほど。
たまたま、18:30からの授業が予約できたので、そんなに人気の先生はどんな授業をするのか楽しみに受講してきました。

受講したのは、11月C メニュー。エビマヨ、ワンタンメンなどなど。
b0153126_1954013.jpg


切り物をはじめとする作業が多くて、てんやわんや。あっという間に授業が終ってしまいました(^o^;)

エビマヨは、子供が喜びそうな味。ちょっと甘めでした。カリスマはお酒飲みらしく、お酒にも合うちょっと大人なエビマヨのアレンジも教わりました。

今回の授業は、エビの処理を学ぶというテーマなので、もう一品はエビワンタンメン。エビをすりつぶして、ワンタンを作ります。汁は出汁から取る手のこみよう。ただ、味が薄すぎるのが残念。

さらにもう一品は、ワンタンメンの出汁を取るのに使ったひき肉で作る肉味噌を載せた豆腐サラダ。
毎日サラダを山盛り食べているのですが、正直飽きてきたので、肉味噌というアレンジはちょっと新鮮でした。試してみたいと思います。

最後は、デザートのブドウゼリー。ただの100%ジュースで作ったゼリーだけど、意外においしかったです。まあ、ブドウジュースが好きだからってこともあるかもしれないけど。

カリスマ講師の授業は…
[PR]

by ricolar | 2011-11-22 19:47 | ABCクッキングスタジオ
2011年 09月 06日

だしについて学ぼう

9月Aメニューを受講してきました。

今日のテーマは「だしについて学ぼう」ということで、一番だし、二番だし、いりこだしをとって、料理していきました。
メニューとしては、品数も多くないのに、とにかく慌ただしかったです(-_-;)

以下、今回のメニューです。
鶏の照り焼き / おにぎり (259/229kcal)
けんちん汁 (96kcal)
千草焼き (224kcal)
かぼちゃの煮物 / 季節の水菓子(ぶどう)

ABCでは珍しく、ごく普通のメニュー。
もしかしたら、人によっては普通すぎておもしろくないという人もいるかもしれませんが。
でも私的には、こういう普通の基本的なことが習いたいので、今回のメニューには不満はありません。
(おにぎりはどうかと思うけど……)

b0153126_19574110.jpg


鶏の照り焼き
今回は、串に刺して焼きましたが、家で作る時に串はいらないですよね。
お弁当のおかずにもピッタリなので、使えるレシピだと思います。

おにぎり
おにぎりがメニューに入っているって、どういうことでしょうか???
個人的な感想ですが、お弁当を意識した内容なのかもしれませんね、今回は。そのため、あえておにぎりにしてみた……?
特別な作り方もなく、秘策もなく。普通におにぎりでした。

けんちん汁
いりこだし使用。
だしのうまみが効いていて、ザ和食な一品。
普段も、こうやってだしをとって、料理できるといいんですけどね……(遠い目)

千草焼き
卵、ニンジン・ネギのみじん切りとひき肉を炒めた物を入れて焼いた卵焼き。
もちろん、一番だし使用です。
今回は、一人一つずつ卵焼きを作りました。
先生からみっちりと卵焼きの焼き方を教えてもらえたことが、今回の授業の一番のポイントだったかも。
なんとなく知ってはいたけど、ちゃんと習えてよかったです。

かぼちゃの煮物
二番だし使用。
こちらも、ザ和食。普段あまり料理しない私にとって、ここまでの和食は全く作る機会がないので(作りたいものだけ作るから)、かぼちゃの煮物を作るのは初でした。
これだけ作れると、「本当に料理ができる」と人さまにも言えるようになるよな……。

季節の水菓子
季節の果物が出ただけ……



今回は、とにかくだしをとったり、切り物が多かったり、忙しかったです。
そのため、ご飯がおにぎりだったり、デザートがフルーツだったりしたのかも。
先生もかなり時間を気にしながら授業していました。

ここで、またいつもの復習時間について、になるのですが……。
やっぱり今日の先生も復習時間はありませんでした。
最後に、「質問はありますか?」と聞かれるだけ。
正直、今回のように慌ただしい内容の中、作業を分担しながら作っていると、全体の流れが分からず、すべて作り終えてから「質問は?」と聞かれても、何がわからないかも分からない。
一人だけ質問をして、授業を長引かせるのも、気が引けるし……。
やっぱり、料理は復習時間を設けている先生か、教室に行くことにしようかなー。
[PR]

by ricolaR | 2011-09-06 20:14 | ABCクッキングスタジオ
2011年 08月 27日

涼を味わう手打ちうどん

8月Cメニューを受講してきました。
担任絶賛の手打ちうどん。
「そんなにおススメなら、先生が授業して!」と最近は料理をやらない青エプの担任にお願いして授業してもらいました。

麺はこしがあって美味しいです。
でも、ま、プロが作ったわけではないので、手打ちというプロセスを楽しむことも含めて美味しいという具合。
激うまというほどではなかったです。

b0153126_1342534.jpg


作ったのは……
  * とろたま手打ちうどん
* なめらか卵豆腐
* 揚げ豚のおろしきゅうり和え/生とうもろこしと枝豆の彩りかき揚げ
* あずき抹茶サンデー

とろたま手打ちうどん
前述のとおり、うどんを手づくりするというプロセスを含めて楽しくて美味しい一品。
このために、またうどんを手打ちするかはビミョー。

なめらか卵豆腐
卵豆腐が家でも作れるんですね。
売ってる卵豆腐は、どうも美味しいと思ったことがないのですが、これは素直に「おいしい」と思えました。
一緒に授業を受けた子が「茶碗蒸しとの違いが良く分からない」と言ってましたが、まあ確かに。
でも、こちらの卵豆腐の方が、ツルっとしていて、のど越しがいい気がします。

揚げ豚のおろしきゅうり和え
きゅうり嫌いの私にとって、拷問的一品。
揚げ豚におろしたきゅうりの酢の物をかけた一品でしたが、私は揚げ豚のまま。
きゅうりは、NoThankyouです!

生とうもろこしと枝豆の彩りかき揚げ
個人的には、このかき揚げが一番おいしかった。
生のとうもろこしは、ゆでる以外にあまり使い道が考えられなかったけど、かき揚げにすると彩りもよくて、夏らしい一品ではないでしょうか。
家でも作ってみたい、一品です。

あずき抹茶サンデー
これは、メニューの一品に入れてもいいものか……。
自分たちで作業したのは、コーンフレークに粉末の抹茶をまぶしただけ。
あとは、アイスクリームを載せただけ。
特にコメントはありません。


料理の授業は、先生によって、全然違います。
復習の時間を取る人と取らない人。
またそのときに、メモをとれるようにレシピを渡してくれる人、くれない人。
なぜ、こういう「違い」ができるのでしょうか?
システムとして決まっていないのでしょうか?
レシピに載っていないちょっとしたヒントやお役立ち情報を教えてくれるというのは、その講師の能力や個人的スキルだと思いますが、復習の時間を取るか取らないかというのは、システム上の問題なのでは?
私の担任は、今回手打ちうどんの授業をするにあたり、他の教室で実際に自分が生徒になって授業を受けてきたとか。
「実際に生徒として経験することで、いろいろ見えてくる」と言っていましたが、全体的なレベルの底上げをお願いしたいと切に願います。
高いお金を払っていて、受ける先生によってあまりにも「違い」がありすぎるのは、どうかと思います。
次々とレシピを開発して、1年中なにかのシーズンクラスを販売するのも戦略の一つだと思いますが、もう少し足元の見直しに力を入れてもいいのでは?

ちょっと今日は辛口コメントで失礼いたしました。
本業で、少々足止めをくらって、イライラしているもので……
やさぐれている気持ちがblogにも出てしまいました。
[PR]

by ricolaR | 2011-08-27 13:38 | ABCクッキングスタジオ
2011年 08月 06日

調味料について学ぼう

8月料理Aメニューを受講してきました。
テーマは、調味料について学ぼう。

b0153126_20141044.jpg


メニューは、以下の通りです。
若鶏と根菜の黒酢あんかけ/ごはん(349/221kcal)
にら饅頭 (115kcal)
シャキシャキもやしの四川風サラダ/トマトのさっぱりスープ (33/44kcal)
黒糖梅酒寒天 (74kcal)


若鶏と根菜の黒酢あんかけ
かなり黒酢が効いてました。
鶏肉を二度揚げすることで、カリッとした衣になります。
暑い夏は、どうしてもあっさりした物を選びがちですが、それだとあまりお肉などが食べられず、栄養的には偏りがち。
でも、酢の酸味が効いているこういうメニューなら、夏でも食べやすいと思います。

にら饅頭
餃子の皮で作る、にら饅頭。
普段、餃子ばかり食べているので、同じ材料で包み方を変えてみるのも目先が変わっていいかも。
簡単なわりには、おいしかったです。

シャキシャキもやしの四川風サラダ
豆もやしを使っているので、シャキシャキ感があります。
豆板醤を入れて、ピリカラ風に。
もやしはシンプルなので、こうしてドレッシングで変化をつけないと。

トマトのさっぱりスープ
卵スープの中に、トマトと枝豆を入れただけのスープ。
簡単で、夏にぴったりなさっぱり味。
個人的には、もう少しトマトが煮崩れている方が好みかも。

黒糖梅酒寒天
チョーヤの黒糖梅酒を使った寒天ゼリー。
煮詰めるので、アルコール分は完全に飛んでいます。
でも、梅酒でゼリー?
私は普通に飲む方が好きだけど。
そのあとの飲み会で、しっかりチョーヤの黒糖梅酒を飲んできました^^



それにしても、相変わらず土日は混んでる@ABCクッキングスクール そごう千葉。
あまりにもの人の多さから、頭痛くなりました。
テーブルが全部埋まるほど、予約が入っていて、洗い場は常にいっぱい。
特に料理の授業は、私にとって鬼門かも。
知らない人と一緒に協力して作業するだけでも、意外と気を使うし、気も受ける。
その上、周りにたくさんの人がうようよいたら、もうかなり疲れるのよね。
今までは、平日の夜遅くにカロリーの高い料理を食べたくないと思って、土日に料理を入れてきたけど、個の状態が続くようであれば、ちょっと考えないと。
毎日、夜遅くに高カロリー食を食べるわけではないので、自分の体調を優先して受講しようと思います。
[PR]

by ricolaR | 2011-08-06 20:12 | ABCクッキングスタジオ
2011年 07月 30日

おいしさ新発見!ABC沖縄食堂開店

ギリギリ駆け込みで、7月Bメニューを受講してきました。
本当はこんな月末に受講する予定ではなかったけど、急性胃腸炎になってしまったので、仕方なく。
どうしても、沖縄料理は習ってみたい!と思っていたので、駆け込みで受講してきました。

Bメニューは、60分。短い時間で、デザートを含めた7品を作ります。
メニューは、こちら。
ゴーヤーの炊き込みご飯/ゴーヤー豆腐 (334/47kcal) 
シブイ(冬瓜)とマーミナー(もやし)チャンプルー (204kcal)  
ソーキの照り焼き・シークヮーサードレッシングサラダ/イリチー(昆布の炒め物)(182・30/105kcal)
紫芋のポーポー (121kcal)

ゴーヤー満載のメニュー。
ゴーヤーというと、どうしてもチャンプルーしか思い浮かばないけど、こんなにアレンジがきくのかと、いい意味で勉強になりました。
ただ、ゴーヤーが嫌いな人には、拷問でしかないでしょうけど。

b0153126_20374095.jpg


ゴーヤーの炊き込みご飯
沖縄の炊き込みご飯は、ジューシーといいます。
実際に、何度か沖縄でジューシーを食べたことがあるけど、ゴーヤーが入っているジューシーって食べたことない。沖縄の人は、ジューシーにゴーヤーを入れるもの?
ゴーヤーを細かく刻んで入れるので、食べてみると、ほのかな苦味がアクセントになっているなと感じました。

ゴーヤー豆腐
ゴーヤーの外側の緑色のごつごつした部分をすりおろして、無調整豆乳の中に入れ、ゼラチンで固めたもの。
卵豆腐のもっと薄味の中に、ゴーヤーの苦味が混じっているという感じ?
豆腐と思って食べると、かなりビミョーだと思います。

シブイ(冬瓜)とマーミナー(もやし)チャンプルー
冬瓜ともやしのチャンプルーと書いてありますが、ここにゴーヤーもしっかり使われています。むしろ、ゴーヤーチャンプルーと言ってもいいのでは?
冬瓜は、ゴーヤーの陰に隠れるようにして、存在してます。そもそも、冬瓜自体があっさりしているので、ますます存在感は薄いように思いました。
そもそも、シブイって沖縄で聞いたことないけど、一般的なんでしょうか?
マーミナーとかパパイヤとかは聞くけど……

ソーキの照り焼き
ソーキとは、内地では「スペアリブ」のこと。照り焼きのタレがおいしい。
バーベキューのときに使えそう。
普段だったら、なかなかスペアリブを使うことはないので、普通にお肉を焼くときの照り焼きのタレとして使えるんじゃないかな。なかなかおいしかったです。ご飯がススム!

シークヮーサードレッシングサラダ
サラダの野菜は、ごく普通のもの。
今回は、ドレッシングに一工夫。
沖縄だから、シークヮーサー(笑)短絡的な組み合わせだけど、これが意外においしかった!
見た目は油分が多いように見えたけど、食べてみるとかなりシークヮーサーの味がして、とてもさっぱりおいしくいただきました。
これは家でもやってみたい!シークヮーサーの原液を買ってきても、なかなか使い道がなかったけれど、ドレッシングとしてとても使えると思いました。

イリチー(昆布の炒め物)
イリチーとしか表記されていないけど、沖縄では「クーブイリチー」といいますね。
私はこのシンプルな料理がとても好きです。
沖縄は日本一の昆布の消費地だとか。沖縄では昆布が採れないのに、いったいなぜ?
ひところ沖縄が長寿日本一と言われていたとき、その秘訣は料理にあったと言われていたけど、やっぱり昆布を日ごろからたくさん食していたからこそなのでしょうね。
作り方はシンプルで、かつおだしでさっと炒め煮すればOK。

紫芋のポーポー
ポーポーは、沖縄の伝統的なおやつの一つ。
今回は、なんちゃって紫芋のポーポー(笑)
サツマイモに紫芋パウダーを混ぜて、紫を演出。
皮は春巻きの皮で代用。
ご当地の材料を使わなくても、十分代用できるという、素晴らしいABCの得意技。
ただ、実際は写真ほど紫は鮮やかではありませんでした。けっこうサツマイモの黄色が強かった。

ゴーヤー好き、沖縄料理好きの私としては、そこそこ満足できるものでしたが、実際に沖縄の人から見たら、どうなんでしょうね。
まあ、沖縄にはABCがないので、なかなか沖縄の人がこのレシピで作ることはなさそうですが。ぜひ、沖縄出身者の方の感想を聞いてみたいものです。
[PR]

by ricolaR | 2011-07-30 21:03 | ABCクッキングスタジオ
2011年 06月 18日

中華の基本:揚げる・炒めるを学ぼう

1か月近くも前に受けた授業のアップ……。
いやもう、最近、仕事がアップアップで……。

実は、この6月18日この料理の授業を皮切りに、なんと3コマも授業を入れてしまい、もう大変なことに。
どんなに入れても、2コマが限度。
体力的に疲れるのはもちろんなのですが、あの人の多さがなんとも耐えられない。

そんなこんなの3コマ連続授業。
スタートは、6月Aメニュー「中華の基本:揚げる・炒めるを学ぼう」です。

b0153126_1264177.jpg


メニューは、全4品。
・麻婆茄子
・炒飯
・中華風サラダ
・2色の中華ごまだんご~芝麻球(チーマーチュウ)~ カスタード&黒こしあん

麻婆茄子は、けっこうピリカラ。
しかも、油で一度揚げているので、かなり高カロリーなのが気になる。
でも、そうやってひと手間かけているから美味しいんだよね~。
先生曰く、カロリーが気になる時は、揚げなくても、レンジでOKと言っていた……ような記憶が。
(なんせ、時間が経っているので、すっかり忘れてる)

炒飯。
作り方は、至って普通。
ただ、ご飯の炒め方にポイントがあるということでした。
炒める時に、空気をたくさん含ませることで、ご飯がパラパラになるんですね。
あまり家で炒飯を作ることって、最近はなかったけど、こんな簡単においしく作れるなら、家でも作ってみようと思います。
でも、今回の炒飯がおいしかったのは、チャーシューが大きい塊でたっぷり入っていたから、絶対美味しいんだと思う。
本当にABCのレシピは、美味しくなるはずのレシピだわ。

中華風サラダ。
ドレッシングと、ワンタンの皮を揚げたものをトッピングしているところが中華風。
ワンタンやギョウザの皮が余った時には、使えるかも。
ただ、授業では量が多かった。

中華ごまだんご。
これが予想以上においしかった。
料理の授業で作るデザートは、いつも簡単で確かにおいしいんだけど、これは今までの中でもかなり上位ランクに位置できると個人的には思います。
あまり期待していなかったからというのもあるけど……。
ただ、家で作るかというと……
材料を揃えたりするのが、面倒。

中華パーティーをするときには、今回のメニュー内容はぴったりかも。
[PR]

by ricolaR | 2011-06-18 11:59 | ABCクッキングスタジオ
2011年 05月 30日

男性も通えるはず……なのに

あっ!順番が前後してますが。
5月30日は、ABCの「+m marunouchi」に行ってきました。
今年の1月にも行った、男性も通えるABCのクッキングスタジオの一つです。
前回は銀座で、今回は丸の内。
メニューが韓国料理でサムゲタンを作るということだったので、張り切って行ってきました。
銀座で一緒に料理を作った男性(既婚)から、丸の内と銀座に来る男性は結構ちゃんとしたサラリーマンが多いと聞いていたので、ちょっとそちらも何気に楽しみでした(笑)

ところが行ってみると、男性参加者0。
まあ、現実はこんなものですよね。
むしろ、韓国料理に期待した女子が大勢集まったという感じでした。

初めてのモニターレッスン&初めて会った人との二人作業でしたが、どちらも安心でした。
モニターは、先生の手元がアップで映るので、分かりやすいです。それにペースもあまり速くないうえ、肝心なときには先生が各テーブルを見回ってくれるので、安心できました。
一緒に組んだ人も、若い子でしたが、同じころにそれぞれ違うスタジオで入会している、パンにハマっているという共通点もあって、楽しかったです。誰と組むか……というのは、運任せですけど。

作ったメニューは、ヤンニョムチキン、チョレギサラダ、サムゲタンの3品です。
b0153126_22281848.jpg


ヤンニョムチキンとは、初めて聞きました。
「ヤンニョム」とは、調味料や香辛料、薬味の総称のことで、いわゆる合わせ調味料のこと。今回はコチジャンを使ったヤンニョムに、鶏手羽、鶏ももをつけこんで焼いたもの。
手軽にできて、ヤンニョムがピリ甘な感じで、ご飯が進む進む。
夜だから、ご飯は食べないようにしようと思っていたのに、ついつい食べてしまいました。
それだけおいしかったです。
ただ、鶏手羽を食べる時、どうしても手で食べなければならず、手がベタベタに。もしこれで、見知らぬイケメンと二人組だったら……と思うと、今回は女性しかいなくてよかったとしみじみ思いました。
作り方は簡単なので、ぜひ作ってみたいと思います。

チョレギサラダは、きゅうり嫌いの私としては、作る前からきゅうりを排除しておきたかったです。
きゅうりを除いて食べましたけど。
ゴマ油が効いていて、普通においしかったです。

今回のメインは、サムゲタン。
これを目当てに参加された方も多いのでしょうか。
正直、韓国料理のいわゆる丸ごとの鶏をイメージしていたので、いい意味でも悪い意味でも期待を裏切られた感じ?
さすがに鶏一羽を使わないだろうとは思いましたが、本当にちっちゃな鶏手羽に申し訳ない程度のもち米と栗、松の実、クコの実を入れるサムゲタンは、サムゲタンなのでしょうか。
一人一羽でしたが、せめて二羽ぐらいあったほうが、満足感は得られると思います。
手間がかかりそうなサムゲタンが、意外と手軽にできるという意味では、使えるレシピではないでしょうか。
鶏一羽でやりたい人は、中に詰める具と煮込む時間を増やせばできるということでしたが。


でも、やっぱり+mは、時間が遅いのが難点。
どうしてもこれを受けてみたい!というときに、行ってみるのがよろしいかと。
[PR]

by ricolaR | 2011-05-30 22:17 | ABCクッキングスタジオ
2011年 05月 03日

野菜の下処理を学ぼう

今日は、5月Aメニューを習ってきました。

b0153126_22382438.jpg


* ちらし寿司
* 天ぷら3種
* 一番だしで作る飾りかまぼこのお吸い物
* みたらし団子

以上、4品。
ABCでは、珍しいヘルシーメニューな気がします。
Cメニューのボリュームと比べると、物足りないと思わず感じてしまうほど、品数も少ないし、あまりこってりしたものもありません。
カロリーを考えると、これぐらいがちょうどいいですね。

野菜の下処理を学ぼうというテーマでしたが、野菜の切り物が多かっただけで、特別に下処理を学ぶというレッスンではありませんでした;
ちらし寿司は、昆布だしで寿司飯を炊いているので、とても上品でおいしかったです。
また、みたらし団子はとても作り方が簡単で、こんなに簡単に作れるんだと、ちょっとした発見もありました。
それでも、しっかり料理を習いたい私にとっては、今月のAメニューはちょっと物足りないものでした。

一方、Cメニューは、イタリアンですがかなりボリューミー。
カロリーや体重のことを考えると、とても平日の夜には受講したくないメニューですね。

料理のあとは、シーズンのパンを作りました。
[PR]

by ricolaR | 2011-05-03 22:48 | ABCクッキングスタジオ