人気ブログランキング |

まいにち キラキラ

ricolar.exblog.jp
ブログトップ

タグ:高橋雅子さん ( 10 ) タグの人気記事


2012年 04月 10日

へっぽこマンゴークリチベーグル

へっぽこシリーズ第2段。

ベーグルです。
見た目通りのへっぽこぶり。
b0153126_026779.jpg

フィリングは、マンゴー&クリームチーズ。
鉄板の組み合わせなのに、いつも見た目がイマイチどころかイマサン、イマヨン??

レシピは、またまた高橋雅子さんのゆっくり発酵ベーグル(少しのイーストでつくるパン2)です。
ただ今回は水を豆乳に置き換えてみたものの……。
すんげー生地が硬い。
こね上がらないのではないか、逆にこね過ぎてしまうのではないかと、ヒヤヒヤでした。

あ、これは高橋さんのレシピに問題があるわけでは、絶対にないですからね。
我が家の台所の乾燥状態や粉、水分を豆乳に変えたことなど、理由は様々だと思います。
でも、出来上がりを食べてみたところ、生地はぜんぜん硬くなくって、フカフカでしたよ。
マンゴーが超おいしかった♪

いつも中味が爆発したかのように、底割れしていたので、今回は気をつけて成型しました。
なるべく空気が入らないように、ぎゅぎゅっと。
その成果か、底割れはそれほどひどくはありませんでした。ホッ。
でも、閉じ目が美しくない。

こういうシンプルな成型のパンの方が、実は成型が難しいです。(私の感想ですよ)
ただ「丸める」という作業が、どれだけパンの善し悪しに影響するか!!
たかがベーグル、されどベーグル。奥が深いです。



クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

by ricolaR | 2012-04-10 23:43 | bread
2012年 04月 10日

へっぽこカンパーニュ

先日作ったカンパーニュ。
相変わらずのへっぽこぶりです。

b0153126_2328198.jpg

本来なら写真なんぞ載せるのも恥ずかしいのですが、恥を忍んでアップしてしまいます!

レシピは、高橋雅子さんの「自家製酵母」のパン教室より。

見たとおり、形がいびつなへっぽこカンパ。
実は、かぶせたボールをはずそうとしたところ、パンが思いのほかよく膨らんだのか、ボールにパカッとハマってしまって、取れなくなってしまったのです。
そもそも、私のオーブンはとても小さいのでかぶせたボールをとるには、一度天板を手前に引かなければなりません。
左手で天板を抑え、右手でボールをはずそうとしても……取れない。
ジタバタしているうちに、ボールごと落としてしまい、外れた時にはカンパの形がいびつになってました。はあ。

そもそも、成型の時点からうまくいってなかった気がする(汗)
丸めの時に、しっかりと芯を作れば、きれいに膨らむと聞いて自分なりにがんばってみたものの。アレコレしたために、パン生地を傷めただけだったような……(滝汗)

パン作りの道は、本当に険しいっす。
だからこそ、面白いんだけどね。
まだまだ、がんばります!



酵母の起こし方から詳しく説明されています♪
初心者の私でも、見た目はともかく、この本を見ながら美味しい天然酵母のパンが作れるんですよ。
ぜひ一度、おためしあれ~。

by ricolaR | 2012-04-10 23:41 | bread
2012年 03月 12日

天然酵母DEベーグル

高橋雅子さんレシピでGレーズン酵母を起こしたものの、ずっと冷蔵庫に入れっ放し。
これでは、酵母が痛む。でも、時間がない!ってことで、すぐできるベーグルを作りました。

b0153126_20392733.jpg

表面はちょっとだけ、ツルピカ?
パンブロガーさんたちのベーグルとは、比べ物になりませんが、私のなかでは今まで作ったなかではツルピカなのです。これでも。

でも、たかがベーグル、されどベーグル。
裏は大変な状態であります。
b0153126_20423238.jpg

みんな、底割れしとります。
うーん(+o+)、私、どうもベーグルの成形が苦手です。
底割れしちゃうのは、閉じ目をもっとしっかり閉じないとダメってことなんでしょうか。

美しいベーグル焼けるように、がんばります。

by ricolar | 2012-03-12 20:36 | bread
2012年 01月 04日

Happy new year 2012

みなさま、あけましておめでとうございます。

2012年こそ、私自身、いまここに生かされていることに感謝の気持ちを忘れず、一日一日を精いっぱい過ごしていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


2012年のパン焼きはじめは、カンパーニュ。
昨年、お歳暮代わりに作った、マロングラッセ&いちじくの組み合わせを自宅用に作りました。
b0153126_1216464.jpg

生地は、高橋雅子さんの少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!を参考に、中種法で作りました。
冬の寒い時期は、夜になると部屋の温度もかなり冷え込む我が家では、オーバーナイト法よりも短い時間の発酵で済む中種法が作りやすいってことが分かりました。

そして今回、見た目が今まで焼いてきたカンパのなかで、なんとかまともの「ま」の字に近づいてきたと、自分勝手に思っているんですけど……(汗)
実は今回、焼き方を今までとちょっと変えてみました。
こちらの本を参考に焼いてみたところ、いつもダレてしまう生地もきちんとドーム型に膨らみ、クープはエッジが立っていませんが(;´Д`A ```、なんとか開いた?
カンパとしては、ぜんぜんまだまだですが、いまの私の実力&環境では、かなりいい具合にできたのではないかと。
勝手に思い込むことで、やる気を出しています(笑)


そして、昨日は中学時代の友人4人で新年会だったので、パンを焼きました。
習ってからずっと作れずじまいだった、シナモンロール。
b0153126_1224319.jpg

こちらは、かーなーり。微妙。
それでも持って行って、「おいしい」いただきましたけど(滝汗)
成型もイマイチなんですけど、ちょっとカスタードを入れすぎたかも?
もう少し大きく成型できると、きれいな花型になったのかなー???
こちらも、近いうちに復習します。

シナモンロールを作った残りの生地で、レーズンバンズ。
b0153126_12255720.jpg

バンズ成型の復習のつもりで作りました。
でも、久しぶり過ぎて、バンズ成型ってどんなだっけ???とすっかり忘れているし。
ノートを見返しながら、なんとか作りました。
かなりレーズン入れすぎ&焼き過ぎなレーズンバンズです。

こんな感じで、今年も細々とパンを焼き続けて行きたいと思います。
少しは上達していくように、がんばりまーす。


ということで、2012年もリコラをよろしくお願いします。

↓こちらのクリックも(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村

ついでにこっちも↓( ̄人 ̄)オ・ネ・カ・゛イ♪ヽ(* ̄〓 ̄*)ノ^☆ブチュゥゥ♪


by ricolaR | 2012-01-04 12:31 | リコラの毎日
2011年 12月 30日

今年のクリスマスプレゼント&お歳暮パン

今年、本当にお世話になった方へのクリスマスプレゼント&お歳暮を兼ねて、パンを作りました。

b0153126_21263482.jpg

作ったのは、カンパーニュ2種、こんにゃくダイエット食パン、マフィンです。

カンパーニュは、高橋雅子さんのレシピ本少しのイーストでつくるパン〈1〉ゆっくり発酵 カンパーニュ (少しのイーストでつくるパン 1)
で作りました。

フィリングを変えて2種類作りました。
一つは、クルミ&レーズン。

もう一つは、いちじく&マロングラッセ。
b0153126_21305321.jpg

雅子さんの本の中で紹介されていた組み合わせです。
マロングラッセを入れたカンパーニュなんて、超贅沢ですよね。
お世話になった方の大好きな組み合わせだったので、迷わず決めました。
マロングラッセは、クオカで購入しました。
プレゼントしてしまったので、試食はしていないのですが、近いうちに自宅用で作ってみたいと思います。ていうか、自分で食べたことがないものをプレゼントするのもどうよって感じ?

こんにゃく食パンは、家で作るのは今回で3本目、4本目。
少しは慣れてきたかな?
今回は、教室で作っているのを同じ1.8斤型で作りましたよ。
b0153126_21384577.jpg

このパンは、普通のパン屋では絶対に味わえない食感だと勝手に思っています。
だから私の中のプレゼントパンとして、このパンはすっかり定着。
次は誰にあげよっかなー。

マフィンは、クリスマスバージョンのマフィンカップで。
b0153126_21425798.jpg

本当はパンプキンマフィンを作りたかったんだけど、先生のところにかぼちゃペーストがなかったので、代わりにアーモンドペーストで作りました。
トッピングは、栗です♪
アーモンドペーストで作るマフィンも美味でした。
甘さを控えめにして丁度良かった。


これだけを紙袋に入れたら、かなりの重さでした。
でも、がんばって作った分、とーっても喜んでもらえました。
食べてくれる人、喜んでくれる人がいてくれるからこそ、作るのが楽しいんだなとつくづく実感しました。
周りの人に「おいしい」と言ってもらえるように、もっともっと技術を磨いていきます!!



ってことで、こんな私ですがクリックで応援してください。
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村



by ricolaR | 2011-12-30 21:49 | リコラの毎日
2011年 09月 25日

へっぽこカンバーニュ

3連休の最後の今日、家でまったり過ごすはずが、なんだかバタバタして終わって行きました。
それでも、今日はパンを3つ作りましたよ♪
一つは我が家用、残り二つはプレゼント用です。

まずは、我が家用のシンプルなカンパーニュ。
レシピは、高橋雅子さんの少しのイーストでつくるパン〈1〉ゆっくり発酵 カンパーニュ (少しのイーストでつくるパン 1)から。
今回は水分量を多めの中級の作り方で作りました。
生地は、前日に仕込んでおいて、オーバーナイト発酵させたもの。
水分が多いので、ベタベタして少し大変だったけど……焼き上がりは、初級の水分が少ないものよりもふっくらしました。
b0153126_20482415.jpg

ただ、焼き上がった形はいびつなうえ、クープの開きもおかしいですが。
中はもっちりしていて、とてもおいしかったです。
まあ、我が家用のパンなので、見た目はまあ……。今後の課題ということにします。

次に作ったのは、高橋雅子さんの同じ上の本の初級の作り方で、レーズン、クルミ、いちじくを入れたもの。
会社の上司からのリクエストで作りました。
b0153126_20511939.jpg

中級に比べると、水分が少ないから、生地は少し固めに感じました。
水分量の違いで、生地のこね上がりも全然違うんですね。
どうしても、レーズンやイチジクが外側に出てしまうので、それが焦げてしまったのが残念。
具材の量をもっと減らせばいいんだけど。どうしても、欲張ってたくさん入れすぎてしまうんです。


もうひとつは、会社の先輩のご主人が好きなレーズンパン。
こちらも以前からリクエストいただいていたもの。
たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピの本から、門間みかさんのイギリスパンのレシピで作りました。
みかさんは、強力粉と最強力粉の二つをブレンドしていますが、手元にないので、普段使っているはるゆたかブレンドで作りました。
b0153126_20595354.jpg

二つの山が同じように膨らまないのは、やっぱり丸め方に問題あり。
生地の張らせ方を同じようにやっているつもりでも、どこか違っていたようです。
これも、素人ゆえのご愛敬ということで、目をつぶっていただきます。


明日は、JHBSの初級レッスン1回目。
前回は体験レッスンで、ABCと全く違うこね方にびっくりして終わってしまいましたが、いよいよレッスンスタートなので、しっかりお勉強したいと思います。



パンを作ったら、おされな写真を撮りたい!
デジイチが欲しいリコラにエールをお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

ついでに、こちらも。


by ricolaR | 2011-09-25 21:04 | bread
2011年 09月 05日

高橋雅子さんの本を見て作ってみる

休日の昨日は、いつも通り、おうちで平日ランチ用のパン作り。
金曜日に新宿のクオカに行った時、高橋雅子さんのゆっくり発酵ベーグル(少しのイーストでつくるパン2)を購入したので、そこから一つ。

むぎゅむぎゅベーグルのシナモンレーズンベーグルです。
b0153126_12113439.jpg

初むぎゅむぎゅベーグルです。
まあまあツヤも出て、いい感じ(だと自分では思う)。
レーズンは、カレンズ使用。
ねじり方をいろいろ変えて、形もさまざまにしてみました。
初めは、「むぎゅむぎゅ」ってどういう感じ?と思いましたが、食べてみて納得。
確かにフカフカとも、モチモチとも違います。
成型時に、生地をねじっていることと、粉がフランスパン用の粉(今回はタイプER)を使用していることもあり、とても目が詰まっていて、ぎっしりしているベーグルです。



そしてもう一つ。
母からのリクエストで、高橋雅子さんの少しのイーストでつくるパン〈1〉ゆっくり発酵 カンパーニュ (少しのイーストでつくるパン 1)を参考に、カンパーニュを作りました。
母の好きなクルミ・レーズン・いちじくを入れています。
b0153126_13355690.jpg

何度か作っていますが、今回はけっこういい感じに作れたように思います(当社比)。
今までは、フィリングの分量をかなり多く、これでもか!っていうくらいの量を混ぜ込んでいたからかもしれません。
どうしても丸められず、パンの表面にレーズンが出てきてしまい、焼いてみるとそれがまる焦げになってしまうんですよね。丸められないから、形もいびつだったし……。
少しずつですが、学習しているわけです。これでも。


さらに、今日はどうしても作りたかった一品。
ファラフェルです!
以前、Baking Studio Grano Di Cicoで習ったファラフェルを家でも作りたかったんです。
ファラフェルとは、ひよこ豆のコロッケ。
一晩水に付けた乾燥ひよこ豆をフードプロセッサで細かくして、味をつけて、1時間以上寝かせたものを揚げたもの。ひよこ豆なんて、普段食べないのですが、お教室で習った味が感動で忘れられず、家でも作りたいと思っていたんです。
乾燥ひよこ豆は、割と手に入りやすいのですが、味付けも要になるのが「ビンダルウソース」。インド料理に使うソースのようで、タンドリーチキンなどに使う香辛料のよう?です。このソースを、丸ビルの明治屋でゲットしたので、早速作ってみました。
b0153126_13441780.jpg

とてもピタパンを作る時間的余裕も体力的余裕もないため、普通におかずとしていただきました。そのため、大きさも少し大きいです。
我が家にはフープロがないため、ハンドミキサーで作りました。
ひよこ豆を細かくしすぎて、おから状になってます。お教室ではもっと荒かったのですが、細かくしたことで丸めやすかったです。
ひよこ豆以外は、ニンニクと玉ねぎしか入っていないのに、とてもコクがあって、満腹感も得られ、本当におススメです。油で揚げていますが、肉を使っていないので、ヘルシーではないでしょうか。
お教室で習ったヨーグルトソースをかけて、いただきました。

一日中台所に立っていた上、自室の大掃除もしたため、腰と背中が痛い……。
でも、おいしい物を食べたら、そんな痛みも吹っ飛びました。
もっともっとレパートリーを広げていきたいです。

by ricolaR | 2011-09-05 13:50 | リコラの毎日
2011年 08月 13日

少しのイースト

高橋雅子さんの本少しのイーストでゆっくり発酵パンこんな方法があったんだ。おいしさ再発見!から、今日は二つのパンを作りました。

まずは、木の実のパン
b0153126_2012062.jpg

クルミとアーモンドを混ぜ込んだパンです。
本当は二個出来上がっていたのですが、1個は知り合いの方にプレゼントしてしまったので、撮影時には1個のみ。
前日の夜に生地をこねておいて、オーバーナイト発酵させました。
アーモンドとクルミがぎっしり入っていて、かなりおいしいです。
スキムミルクが入っているからか、ほんのりとした甘さと木の実がとてもマッチしたパンです。



お次は、カンパーニュ・フリュイ
b0153126_1958748.jpg

クルミとドライフィグを混ぜ込んだカンパーニュです。
まだまだ、反省点は盛りだくさんですが。
まず中種を作ることから始めるので時間はかかりますが、オーバーナイトさせるほど発酵時間はかかりません。
こちらは、明日試食してみます。


さて、この「少しのイーストでゆっくり発酵パン」。
小さじ4分の1のイーストと小さじ1の水で作ったイースト液を使います。
イーストの量が少ない分、発酵に時間をかけるのが特徴。
そこで本でおススメされているのが、オーバーナイト発酵。つまり、寝ている間に一次発酵を終わらせようということ。
でも、夜のうちに一次発酵することにメリット、デメリットがあるように思います。
メリットとしては、寝ている間に発酵できること。
またオーバーナイトの場合ではなくても、長時間発酵だからこそ、ある程度自分で発酵にかかる時間を調整できます。冷蔵庫に入れて、少し発酵の進みぐあいを遅らせたり。時間がかかる分、その間に他のことができるのも、メリットですね。
デメリットとしては、オーバーナイトの場合は寝ている間にどんどん発酵が進んでいるので、特に夏はだらだらと寝ていられない、朝から予定が入れられないということ。一次発酵だけではなく、二次発酵なども時間がかかります。ABCのように2時間で作れるというわけにはいかないので、一日の生活の中でパンを作る時間の配分が大切かも。

高橋雅子さんのレシピは、シンプル系のパンがたくさん紹介されているので、最近はほとんど高橋さんのレシピから作ることが多いかな。
ちょうど、先日、天然酵母の元種(高橋さんレシピで作成)を使い切ってしまったので、新たな元種を仕込む準備をしています。

今回は、酵母エキスを作ってそのまま冷蔵庫に放置していたので、そのエキスを使って、ヨーグルト酵母エキスを作っています。
佐原文枝さんレシピを参考にしています。

明日は、ABC。
いよいよ、パンの基礎クラス終了です!

by ricolaR | 2011-08-13 20:28 | リコラの毎日
2011年 07月 25日

パンプキンベーグル

週末はやっぱりパン作りで終わりました……。
土曜日は念願のパン教室に参加し、昨日の日曜日はおうちでパン作りでした。

以前、知り合いの方の教室で習ったジャガイモパンを、妊婦の友人のために製作。
教室では、生のジャガイモをゆでたものをつぶして作りましたが、今回はポテトフレークを代用。
ただし、量が多すぎた……。
かなりこねにくく、なんか違う感じがしなくも……なかった。
それでも無事に膨らんで焼けたので、プレゼントしちゃいました。
ちょっと心配。それも妊婦なのに……。

そのあとは、ABCで習ったミルティーユレザン
先輩の旦那さんが、レーズン&ざらめの組み合わせが大好きなので、作ってみました。
習った時は、ブルーベリーとカレンズを半々でしたが、レーズン好きを考慮して(単にブルーベリーがなかっただけですが)、カレンズオンリーでやってみました。
でも、習った時よりも、どうも生地がべたつく。
バターも卵黄もスキムミルクも入るリッチ系な生地だから、べたつくのは当然なんだけど。。。
さらに、上に載せるクッキー生地の粉の分量を間違えてしまったため、クッキーなし。
そんな失敗の連続?だったからか、じゃがいもパンから引き続きでオーブンを使ったからか、温度が設定温度以上にどんどん上がってしまい、焼き色がちょっと濃くなってしまいました。

じゃがいもパンといい、ミルティーユレザンといい、どうも納得がいかなかったけれど、気を取り直してベーグルです。

今現在、冷蔵庫の野菜室で酵母ちゃんがいつでもスタンバイオッケー状態でいるので、なんか使ってあげないともったいない。
日ごろ、リスペクトしている先輩の誕生日プレゼントの一つとして、ベーグルを作ろう!と思い、いろいろ本をペラペラめくっていると……。

少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!
高橋 雅子

by G-Tools
高橋雅子さんの上記の本の中で、かぼちゃとクリームチーズのベーグルを発見。
これが、なんともおいしそう。
これを天然酵母で作ろう!!ということで、作ったのがこちら。

b0153126_22105528.jpg


これは、自分で言うのもなんですが、激うまです。
高橋雅子さんのベーグルの特徴は、モチモチずっしりではないでしょうか。
まさにそんなベーグルが出来上がりました。
発酵も、1度で済むし、時間も短いので、気軽に作れるのがいいところ。
天然酵母を使っているので、モチモチしているし、かぼちゃとクリームチーズという組み合わせも鉄板でしょう。

さっそく今日先輩にあげたら、めちゃめちゃ喜んでくれました。
おまけに、味見をした他の先輩たちもほめてくれ、「職変えした方がいい」「私のためにパン作れ」などなど感想をいただきました。

あまりパンを食べすぎると、ダイエッター的にはあまりよろしくないので、こうして食べてくれる人が周りにいてくれるのがありがたい。
食べるのも好きだけど、作るのも大好きな私には、周りの人がいてくれることで、趣味が成り立っています。
もっともっと、いろんな作り方やレシピを身につけたい!
本職よりも力が入っている気がする今日この頃です。

by ricolaR | 2011-07-25 22:15 | リコラの毎日
2011年 07月 20日

リハビリパンづくり

今日は一日リハビリということで会社はお休み。
家で、パンを作ってました。

3連休用に仕込んでいた天然酵母の中種が気になっていたんです。
今回の酵母は、高橋雅子さんのレシピで作ってみました。
ただし、レシピ通りの分量だと、二人家族の我が家では多すぎる……と思ったので、半分の分量で。
それでも、ちゃんと酵母は膨らんでくれましたよ。

「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる
高橋 雅子

パルコ 2006-04
売り上げランキング : 29924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さっそく、こちらの本から「クルミのリュスティック」を作ってみました。
天然酵母は、起こしてしまえば、あとはゆっくり発酵できるし、できるパンもとってもシンプルでおいしいんです。
酵母生地の発酵を待っている間に、他のイースト生地を作ることもできるのがいいところ。
昨日のうちに生地をこねて、冷蔵庫の野菜室に入れておいたものを、朝起きて、二次成型して焼けばいいだけだったので、とっても簡単でした。
b0153126_161169.jpg

むしろ、きちんと6等分に分割することの方が難しかった……


さらに昨日、こちらの本が届いたので……
4891947659少しのイーストでつくるパン〈1〉ゆっくり発酵 カンパーニュ (少しのイーストでつくるパン 1)
高橋 雅子
パルコ 2007-11

by G-Tools


カンパーニュを作ってみました。
基本のメニューでは、小麦粉、ライ麦子、全粒粉をそれぞれミックスしていましたが、あえて小麦粉とライ麦粉のみにしてみました。
レーズンもたっぷり入れたいから、マックス150gのレーズンも入れちゃいました。

粉は、普通のリスドォル。
全粒粉が入っていないから?
かなりべたつきました。
おまけにレーズンを150gも入れてしまったので……。かなり成型にまごつきました。

実際焼けたパンがこちら。
b0153126_15533988.jpg

かなり、焦げついてしまいました。。。
我が家のオーブンは小さいため、カンパーニュなど高さのあるパンを焼くときは、一番下の段に天板を入れないといけないのに、いつも通り中段に入れてしまったため、気づいた時には表面が焦げ付いてしまって……。
一応バヌトンにも入れましたが、あまり粉つきがよくなかったので、カンパーニュらしさが皆無ですが。


大好きなパンを作って、だいぶ体力も回復してきました。
あとは、栄養のあるものを食べて、今夜は早く寝ます!

by ricolaR | 2011-07-20 16:03 | リコラの毎日