まいにち キラキラ

ricolar.exblog.jp
ブログトップ

タグ:天然酵母 ( 16 ) タグの人気記事


2012年 04月 10日

へっぽこカンパーニュ

先日作ったカンパーニュ。
相変わらずのへっぽこぶりです。

b0153126_2328198.jpg

本来なら写真なんぞ載せるのも恥ずかしいのですが、恥を忍んでアップしてしまいます!

レシピは、高橋雅子さんの「自家製酵母」のパン教室より。

見たとおり、形がいびつなへっぽこカンパ。
実は、かぶせたボールをはずそうとしたところ、パンが思いのほかよく膨らんだのか、ボールにパカッとハマってしまって、取れなくなってしまったのです。
そもそも、私のオーブンはとても小さいのでかぶせたボールをとるには、一度天板を手前に引かなければなりません。
左手で天板を抑え、右手でボールをはずそうとしても……取れない。
ジタバタしているうちに、ボールごと落としてしまい、外れた時にはカンパの形がいびつになってました。はあ。

そもそも、成型の時点からうまくいってなかった気がする(汗)
丸めの時に、しっかりと芯を作れば、きれいに膨らむと聞いて自分なりにがんばってみたものの。アレコレしたために、パン生地を傷めただけだったような……(滝汗)

パン作りの道は、本当に険しいっす。
だからこそ、面白いんだけどね。
まだまだ、がんばります!



酵母の起こし方から詳しく説明されています♪
初心者の私でも、見た目はともかく、この本を見ながら美味しい天然酵母のパンが作れるんですよ。
ぜひ一度、おためしあれ~。
[PR]

by ricolaR | 2012-04-10 23:41 | bread
2012年 04月 01日

あんぱん再び

今日から4月が始まりましたね。
東京では、ようやく桜が開花したそうだけど……私の家の周辺では、まだまだ桜は見られません。
のんびり屋できまぐれな今年の春を気ままに待つことにしましょう♪

明日からまた出張なので、今日はのんびり家で過ごしました。

先日、JHBSのパン教室で、注文していた餡子が届いたので、さっそくあんぱんの復習です。
b0153126_2051199.jpg

前回作ったあんぱんよりも、大分よくなった感じ♪
包むのもなんとかできました。
授業では、あんぱんのてっぺんを指で穴をあけましたが、そのやり方がうまくできず。
穴をあけない方がキレイにできるので、そのままにしちゃいました。
自分で作ってみるまで、あんぱんはそれほど好きなパンではなかったんだけど、こんなにおいしいとは思わなかった!
やっぱり、手作りっておいしいですね。

そしてもう一つ作りました。
昨日、天然酵母のカンパを仕込んで室温に放置しておいたのですが、寒いから長時間おいても大丈夫だろうと覆っていたら、意外にもあたたかかったのか、かなり発酵してしまいました(-_-;)
やっぱり発酵はきちんと温度と時間を管理して作らないとダメですね(当たり前か!)。
焼き上がりは……。
b0153126_2051168.jpg

うーん。お見せするのもはずかしいでき。
何もかも中途半端なカンパができました。
もう原因というよりも、作り方の問題ですね。


Gレーズンの酵母を起こして作っているのですが、今回は何回か種つぎをしたものを使用しました。
結構、この種つぎが面倒くさい。
それに、酵母の水と粉の割合によって、パンのレシピが全く変わるので、だったらホシノの方がいいかなーと思う今日この頃です。

さて、明日は下田へ出張です。
4:30起き。がんばります!!
[PR]

by ricolaR | 2012-04-01 20:59 | bread
2012年 03月 12日

天然酵母DEベーグル

高橋雅子さんレシピでGレーズン酵母を起こしたものの、ずっと冷蔵庫に入れっ放し。
これでは、酵母が痛む。でも、時間がない!ってことで、すぐできるベーグルを作りました。

b0153126_20392733.jpg

表面はちょっとだけ、ツルピカ?
パンブロガーさんたちのベーグルとは、比べ物になりませんが、私のなかでは今まで作ったなかではツルピカなのです。これでも。

でも、たかがベーグル、されどベーグル。
裏は大変な状態であります。
b0153126_20423238.jpg

みんな、底割れしとります。
うーん(+o+)、私、どうもベーグルの成形が苦手です。
底割れしちゃうのは、閉じ目をもっとしっかり閉じないとダメってことなんでしょうか。

美しいベーグル焼けるように、がんばります。
[PR]

by ricolar | 2012-03-12 20:36 | bread
2012年 02月 21日

冬の酵母起こし その後……

寒い日が続いてる今日このごろ。
天然酵母を起こすには、本当に泣かされる寒さです……。

前回のblogでも書きましたが、あまりにも酵母がうんともすんとも言わないので、強制措置をとりました。
台所用の小さい電気カーペットがあるんです。
↓こういうの。

昼間、家にいない時にこの上に酵母ちゃんを載せて発酵させたんです。かなり、荒療治。
もちろん直に載せたら熱すぎるので、タオルを何枚か重ねた上に載せ、その上に毛布をかぶせて保温させました。
最悪、酵母が死んでいる場合を考えて、新しい酵母も仕込んで出かけました。

一日目は、うっすらと上部に細かい泡が経っていました。
そして二日目には、かなり大きな泡が出て、レーズンもようやく上に浮きあがってきた!!
新しく仕込んだ酵母はもちろん、10日間うんともすんとも言わない酵母も、泡がたってレーズンが上に上がってる。
やっぱり温度を常に一定にしておかないといけないんだな―と実感。室温が暖かかったり、寒かったり、変化しては難しいですね。
それから三日目。毛布を開けてみてビックリ!!
完全にレーズンは浮き上がって、ボコボコの泡・あわ・アワ!
わずか3~4日で出来上がってしまうかも?
4日目の今日は、とりあえず室温に放置してきました。
(今日は昼間、母が家にいるはずなので、そんなに寒くないはず)

今回は、初めてグリーンレーズンを使用しました。
いやあ、Gは超元気。ビックリしました。
普通のレーズンに比べて、泡の勢いが激しいこと。
これは、元種を起こすのが楽しみです♪

それにしても、今回電気カーペットに酵母のビンを載せるという荒療治をしましたが、結果的には酵母は起きたようだけど、当然、温度調整が数値で設定できない。
だから三日目で酵母が起きるという、超スピード発酵になってしまったんだろうな。
(早すぎて、失敗!なんてことがないといいんだけど……)
冷温庫を買うかどうか、本当に悩みます。
これから春になって、暖かくなったら室温発酵できるだろうし。
でも、この冷温庫でホイロもできるというところが、ポイント高いんですよねー。

あー、今日もグダグダとつぶやきで終わるこのブログ。
お付き合いいただいて、ありがとうございました。


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
[PR]

by ricolaR | 2012-02-21 15:20 | bread
2012年 02月 15日

天然酵母 冬の温度管理

レーズン酵母を使いきったので、Gレーズン酵母を起こし始めたのが今月10日。
いまだ、泡がたってきません。
レーズンが膨らんではいるのですが、そこからどうにもこうにも変化なし。

わが家は木造の一軒家。
この季節、部屋の室温はかなり下がります。
日中、暖房をしていないと、たぶん室温は一ケタなはず。
たいがい昼間は母がいるので、あたたかい状態だけれども、それでもやっぱり寒いんでしょうか。
うんともすんとも言わない酵母ちゃん。
冬は天然酵母起こすなってことなんでしょうか?

でも、やっぱりカンパとかは、天然酵母で作りたいんだよね~。
かといって、発酵器は高いし、天然酵母を起こすには温度設定が高すぎて向かないし。
やっぱり「マサオ」買うしかないかなー。

でもコイツ↑。
どこのサイトも売り切れ中。
うーん。どこかに売ってないかな―。それも安く(爆)。

皆さんは、冬の寒い時期、どうやって酵母おこしているんだろう……
[PR]

by ricolaR | 2012-02-15 14:20 | bread
2012年 01月 09日

【天然酵母】にんじんパン

正月休み明けの三連休。
明日から本格的に仕事開始ですね~。
今週は姫路出張もあるので、忙しくなりそう……。
姫路の帰りは、大阪に一泊する予定。前回の大阪出張で食べた福太郎のねぎ焼きがどうしてもまた食べたくて、大阪在住の友人をまた呼び出す予定です。

三連休は、特に何もすることがなかったので(爆)、久しぶりに天然酵母やってみました。
というのも、ずっと冷蔵庫の中でほっぽらかしになっていたレーズン酵母があるのを思いだして、正月休み中に元種を起こしていたんです。
ただ酵母液が古いので、ちゃんと元種が作れるか心配だったので、おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本" target="_blank">佐原文枝さんの本を参考に、いったんヨーグルト酵母を起こしてから、元種を起こしました。
4~5か月前の酵母液だったので心配だったけど、なんとか無事に酵母起こしが成功したので、中種を作って……とやっていたので、正月休み中にはパンが焼けず、この3連休でパンを焼きました。

b0153126_20481279.jpg

作ったのは、おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本" target="_blank">佐原さんの本からにんじんパン。
これが、ものすごくべったべたの生地で……(;´Д`A ```
思わず、レシピはあっているのか?と、本を疑ってしまう、失礼極まりない私。
もうそれぐらいべったべたで。まともにこねられない。
なんとかかんとか、形になりましたけど。
味は、にんじんとはちみつの甘さがマッチしていて、あのべったべたもこのおいしさのためだったのかと思えば、なんてことない!と単純な私。
レシピどおり、マフィン型と紙製カップを使いましたが、パンの底がキレイに紙からはがれません。うーん。なんか作り方に問題があったんでしょうかね。
また次回チャレンジしてみます。

実はあと一つ、作っているんですが。
佐原文枝さんの天然酵母の食事パン" target="_blank">もう一つの本に載っていた、赤ワインのパン。
こちらは、オーバーナイト発酵させて作りました。
冬の寒い時期は、室温もヒトケタ代になるほど冷え込む我が家。本には、冬の発酵は、室温でと書いてありますが、正直冷蔵庫に入れているのとあまり変わらず、発酵にものすごい時間がかかります。むしろ、余計な時間がかかるほど。
今回は、発泡スチロールに湯たんぽを入れて発酵させてみました。
そのおかげで、生地が冷え込むことはありませんでしたが、やっぱりなかなか発酵が進まず。時間がかかってしまい、発酵の見極めが難しくなってしまいました。
見た目で2倍って、むずかしい……。

その結果。。。
とても見せられるようなパンの仕上がりにならなかったので、今回写真はご勘弁を(-人-)
ただ、味はおいしかったです。

天然酵母は、難しいです……
発酵温度の管理と、発酵の見極めが。
こうなると、発酵器がほしくなる……。

今年は天然酵母をもう少し勉強します。。。

勉強する意欲だけは一人前のリコラへ愛のクリックを↓
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

ついでにこちらも↓

[PR]

by ricolaR | 2012-01-09 21:07 | bread
2011年 07月 25日

パンプキンベーグル

週末はやっぱりパン作りで終わりました……。
土曜日は念願のパン教室に参加し、昨日の日曜日はおうちでパン作りでした。

以前、知り合いの方の教室で習ったジャガイモパンを、妊婦の友人のために製作。
教室では、生のジャガイモをゆでたものをつぶして作りましたが、今回はポテトフレークを代用。
ただし、量が多すぎた……。
かなりこねにくく、なんか違う感じがしなくも……なかった。
それでも無事に膨らんで焼けたので、プレゼントしちゃいました。
ちょっと心配。それも妊婦なのに……。

そのあとは、ABCで習ったミルティーユレザン
先輩の旦那さんが、レーズン&ざらめの組み合わせが大好きなので、作ってみました。
習った時は、ブルーベリーとカレンズを半々でしたが、レーズン好きを考慮して(単にブルーベリーがなかっただけですが)、カレンズオンリーでやってみました。
でも、習った時よりも、どうも生地がべたつく。
バターも卵黄もスキムミルクも入るリッチ系な生地だから、べたつくのは当然なんだけど。。。
さらに、上に載せるクッキー生地の粉の分量を間違えてしまったため、クッキーなし。
そんな失敗の連続?だったからか、じゃがいもパンから引き続きでオーブンを使ったからか、温度が設定温度以上にどんどん上がってしまい、焼き色がちょっと濃くなってしまいました。

じゃがいもパンといい、ミルティーユレザンといい、どうも納得がいかなかったけれど、気を取り直してベーグルです。

今現在、冷蔵庫の野菜室で酵母ちゃんがいつでもスタンバイオッケー状態でいるので、なんか使ってあげないともったいない。
日ごろ、リスペクトしている先輩の誕生日プレゼントの一つとして、ベーグルを作ろう!と思い、いろいろ本をペラペラめくっていると……。

少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!
高橋 雅子

by G-Tools
高橋雅子さんの上記の本の中で、かぼちゃとクリームチーズのベーグルを発見。
これが、なんともおいしそう。
これを天然酵母で作ろう!!ということで、作ったのがこちら。

b0153126_22105528.jpg


これは、自分で言うのもなんですが、激うまです。
高橋雅子さんのベーグルの特徴は、モチモチずっしりではないでしょうか。
まさにそんなベーグルが出来上がりました。
発酵も、1度で済むし、時間も短いので、気軽に作れるのがいいところ。
天然酵母を使っているので、モチモチしているし、かぼちゃとクリームチーズという組み合わせも鉄板でしょう。

さっそく今日先輩にあげたら、めちゃめちゃ喜んでくれました。
おまけに、味見をした他の先輩たちもほめてくれ、「職変えした方がいい」「私のためにパン作れ」などなど感想をいただきました。

あまりパンを食べすぎると、ダイエッター的にはあまりよろしくないので、こうして食べてくれる人が周りにいてくれるのがありがたい。
食べるのも好きだけど、作るのも大好きな私には、周りの人がいてくれることで、趣味が成り立っています。
もっともっと、いろんな作り方やレシピを身につけたい!
本職よりも力が入っている気がする今日この頃です。
[PR]

by ricolaR | 2011-07-25 22:15 | リコラの毎日
2011年 07月 20日

リハビリパンづくり

今日は一日リハビリということで会社はお休み。
家で、パンを作ってました。

3連休用に仕込んでいた天然酵母の中種が気になっていたんです。
今回の酵母は、高橋雅子さんのレシピで作ってみました。
ただし、レシピ通りの分量だと、二人家族の我が家では多すぎる……と思ったので、半分の分量で。
それでも、ちゃんと酵母は膨らんでくれましたよ。

「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる
高橋 雅子

パルコ 2006-04
売り上げランキング : 29924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さっそく、こちらの本から「クルミのリュスティック」を作ってみました。
天然酵母は、起こしてしまえば、あとはゆっくり発酵できるし、できるパンもとってもシンプルでおいしいんです。
酵母生地の発酵を待っている間に、他のイースト生地を作ることもできるのがいいところ。
昨日のうちに生地をこねて、冷蔵庫の野菜室に入れておいたものを、朝起きて、二次成型して焼けばいいだけだったので、とっても簡単でした。
b0153126_161169.jpg

むしろ、きちんと6等分に分割することの方が難しかった……


さらに昨日、こちらの本が届いたので……
4891947659少しのイーストでつくるパン〈1〉ゆっくり発酵 カンパーニュ (少しのイーストでつくるパン 1)
高橋 雅子
パルコ 2007-11

by G-Tools


カンパーニュを作ってみました。
基本のメニューでは、小麦粉、ライ麦子、全粒粉をそれぞれミックスしていましたが、あえて小麦粉とライ麦粉のみにしてみました。
レーズンもたっぷり入れたいから、マックス150gのレーズンも入れちゃいました。

粉は、普通のリスドォル。
全粒粉が入っていないから?
かなりべたつきました。
おまけにレーズンを150gも入れてしまったので……。かなり成型にまごつきました。

実際焼けたパンがこちら。
b0153126_15533988.jpg

かなり、焦げついてしまいました。。。
我が家のオーブンは小さいため、カンパーニュなど高さのあるパンを焼くときは、一番下の段に天板を入れないといけないのに、いつも通り中段に入れてしまったため、気づいた時には表面が焦げ付いてしまって……。
一応バヌトンにも入れましたが、あまり粉つきがよくなかったので、カンパーニュらしさが皆無ですが。


大好きなパンを作って、だいぶ体力も回復してきました。
あとは、栄養のあるものを食べて、今夜は早く寝ます!
[PR]

by ricolaR | 2011-07-20 16:03 | リコラの毎日
2011年 06月 20日

初バゲット

天然酵母教室で、バゲット作ってきました。
パンを習い始めてまだ半年だというのに、いきなりバゲットに挑戦。
ちょっと無謀かと思いましたが……(^_^;)

教室のオーブンが小さいので、ミニバゲットです。
でも、成型の仕方、クープの入れ方など、本当に奥深い!
私はクープの入れ方がちょっと失敗してしまったので、あまり上手にできませんでした(T□T)

b0153126_1546429.jpg

私が作ったものは、一番左。
なんとかエッジは立った……かな?

このエッジを立たせるための成型の仕方が意外と難しかった。
家に帰ってから、夜遅くまでかかってお持ち帰りの生地で作ってみましたが……。
オーブンの違いなのか、成型の仕方に問題があるのか。
うまく、エッジは立ちませんでした。

b0153126_15483815.jpg

家で作ったものです。
うーん。教室で作ったものと、違いすぎ。
しかも粉をつけすぎてるし……@(;・ェ・)@/

オーブンに天板と小石を入れて予熱し、二次発酵が終わった生地を入れ、さらに熱した小石に熱湯をかけてオーブンを閉じる。
そんなこんなで、作り終わることには、かなりヘトヘトでした。

成功云々よりも、バゲットの奥深さを目の当たりにした一日。いい体験ができました。
[PR]

by ricolaR | 2011-06-20 15:41 | リコラの毎日
2011年 05月 22日

シーズンクラス2011春 終了

ようやくシーズンクラス2011春が終了。
最後は、「ごぼうバトン」。

b0153126_21451898.jpg


よくパン屋さんで売っているごぼうを使ったパンは、千切りにしているごぼうが多いような気がしますが、この「ごぼうバトン」のごぼうは、1cm角に切ったもの。
たっぷりごぼうが入っていて、食べ応えたっぷり。
ごぼう好きの母も喜んでくれました。
これは、家でも復習決定です。



さて、22日の昼間に焼いた、天然酵母の食パンはというと……。
外側はかなりパリッ、中はもっちり。
トースト向きのパンって感じです。
この食パンをトーストにして、手作りのイチゴジャムを塗って食べるのが最高の贅沢。
また作ろうっと。
[PR]

by ricolaR | 2011-05-22 21:38 | ABCクッキングスタジオ