人気ブログランキング |

まいにち キラキラ

ricolar.exblog.jp
ブログトップ

タグ:おうちパン ( 31 ) タグの人気記事


2012年 02月 25日

あんぱんになれない

あんぱんの復習のはず……

b0153126_21375344.jpg


できたのは、それはそれは見るに堪えないあんぱん。
いや、あんこが入っただけのパン。

うーむ……。
生地がべたついて、まったくあんぱんの成型がうまくできず。

教室では、JHBSの菓子パン粉を使用していますが、家でははるゆたかブレンドを使用。
はるブレの場合、レシピよりも水分量を少なめにしないといけないんだろうか……。
かといって、粉を全部JHBSの指定粉にするのは……ちょっとしたくない。
また近いうちにリベンジしなくては。

それにしても、最近どうもまともなパンが家で作れてません。
今回も載せるのをためらわれましたが、失敗を記録しておくことで、明日の成功につながると信じて!

カッコイイあんぱんが作れるように、応援よろしくです♪
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村

by ricolaR | 2012-02-25 21:42 | bread
2012年 01月 09日

【天然酵母】にんじんパン

正月休み明けの三連休。
明日から本格的に仕事開始ですね~。
今週は姫路出張もあるので、忙しくなりそう……。
姫路の帰りは、大阪に一泊する予定。前回の大阪出張で食べた福太郎のねぎ焼きがどうしてもまた食べたくて、大阪在住の友人をまた呼び出す予定です。

三連休は、特に何もすることがなかったので(爆)、久しぶりに天然酵母やってみました。
というのも、ずっと冷蔵庫の中でほっぽらかしになっていたレーズン酵母があるのを思いだして、正月休み中に元種を起こしていたんです。
ただ酵母液が古いので、ちゃんと元種が作れるか心配だったので、おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本" target="_blank">佐原文枝さんの本を参考に、いったんヨーグルト酵母を起こしてから、元種を起こしました。
4~5か月前の酵母液だったので心配だったけど、なんとか無事に酵母起こしが成功したので、中種を作って……とやっていたので、正月休み中にはパンが焼けず、この3連休でパンを焼きました。

b0153126_20481279.jpg

作ったのは、おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本" target="_blank">佐原さんの本からにんじんパン。
これが、ものすごくべったべたの生地で……(;´Д`A ```
思わず、レシピはあっているのか?と、本を疑ってしまう、失礼極まりない私。
もうそれぐらいべったべたで。まともにこねられない。
なんとかかんとか、形になりましたけど。
味は、にんじんとはちみつの甘さがマッチしていて、あのべったべたもこのおいしさのためだったのかと思えば、なんてことない!と単純な私。
レシピどおり、マフィン型と紙製カップを使いましたが、パンの底がキレイに紙からはがれません。うーん。なんか作り方に問題があったんでしょうかね。
また次回チャレンジしてみます。

実はあと一つ、作っているんですが。
佐原文枝さんの天然酵母の食事パン" target="_blank">もう一つの本に載っていた、赤ワインのパン。
こちらは、オーバーナイト発酵させて作りました。
冬の寒い時期は、室温もヒトケタ代になるほど冷え込む我が家。本には、冬の発酵は、室温でと書いてありますが、正直冷蔵庫に入れているのとあまり変わらず、発酵にものすごい時間がかかります。むしろ、余計な時間がかかるほど。
今回は、発泡スチロールに湯たんぽを入れて発酵させてみました。
そのおかげで、生地が冷え込むことはありませんでしたが、やっぱりなかなか発酵が進まず。時間がかかってしまい、発酵の見極めが難しくなってしまいました。
見た目で2倍って、むずかしい……。

その結果。。。
とても見せられるようなパンの仕上がりにならなかったので、今回写真はご勘弁を(-人-)
ただ、味はおいしかったです。

天然酵母は、難しいです……
発酵温度の管理と、発酵の見極めが。
こうなると、発酵器がほしくなる……。

今年は天然酵母をもう少し勉強します。。。

勉強する意欲だけは一人前のリコラへ愛のクリックを↓
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

ついでにこちらも↓


by ricolaR | 2012-01-09 21:07 | bread
2012年 01月 04日

Happy new year 2012

みなさま、あけましておめでとうございます。

2012年こそ、私自身、いまここに生かされていることに感謝の気持ちを忘れず、一日一日を精いっぱい過ごしていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


2012年のパン焼きはじめは、カンパーニュ。
昨年、お歳暮代わりに作った、マロングラッセ&いちじくの組み合わせを自宅用に作りました。
b0153126_1216464.jpg

生地は、高橋雅子さんの少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!を参考に、中種法で作りました。
冬の寒い時期は、夜になると部屋の温度もかなり冷え込む我が家では、オーバーナイト法よりも短い時間の発酵で済む中種法が作りやすいってことが分かりました。

そして今回、見た目が今まで焼いてきたカンパのなかで、なんとかまともの「ま」の字に近づいてきたと、自分勝手に思っているんですけど……(汗)
実は今回、焼き方を今までとちょっと変えてみました。
こちらの本を参考に焼いてみたところ、いつもダレてしまう生地もきちんとドーム型に膨らみ、クープはエッジが立っていませんが(;´Д`A ```、なんとか開いた?
カンパとしては、ぜんぜんまだまだですが、いまの私の実力&環境では、かなりいい具合にできたのではないかと。
勝手に思い込むことで、やる気を出しています(笑)


そして、昨日は中学時代の友人4人で新年会だったので、パンを焼きました。
習ってからずっと作れずじまいだった、シナモンロール。
b0153126_1224319.jpg

こちらは、かーなーり。微妙。
それでも持って行って、「おいしい」いただきましたけど(滝汗)
成型もイマイチなんですけど、ちょっとカスタードを入れすぎたかも?
もう少し大きく成型できると、きれいな花型になったのかなー???
こちらも、近いうちに復習します。

シナモンロールを作った残りの生地で、レーズンバンズ。
b0153126_12255720.jpg

バンズ成型の復習のつもりで作りました。
でも、久しぶり過ぎて、バンズ成型ってどんなだっけ???とすっかり忘れているし。
ノートを見返しながら、なんとか作りました。
かなりレーズン入れすぎ&焼き過ぎなレーズンバンズです。

こんな感じで、今年も細々とパンを焼き続けて行きたいと思います。
少しは上達していくように、がんばりまーす。


ということで、2012年もリコラをよろしくお願いします。

↓こちらのクリックも(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村

ついでにこっちも↓( ̄人 ̄)オ・ネ・カ・゛イ♪ヽ(* ̄〓 ̄*)ノ^☆ブチュゥゥ♪


by ricolaR | 2012-01-04 12:31 | リコラの毎日
2011年 12月 30日

今年のクリスマスプレゼント&お歳暮パン

今年、本当にお世話になった方へのクリスマスプレゼント&お歳暮を兼ねて、パンを作りました。

b0153126_21263482.jpg

作ったのは、カンパーニュ2種、こんにゃくダイエット食パン、マフィンです。

カンパーニュは、高橋雅子さんのレシピ本少しのイーストでつくるパン〈1〉ゆっくり発酵 カンパーニュ (少しのイーストでつくるパン 1)
で作りました。

フィリングを変えて2種類作りました。
一つは、クルミ&レーズン。

もう一つは、いちじく&マロングラッセ。
b0153126_21305321.jpg

雅子さんの本の中で紹介されていた組み合わせです。
マロングラッセを入れたカンパーニュなんて、超贅沢ですよね。
お世話になった方の大好きな組み合わせだったので、迷わず決めました。
マロングラッセは、クオカで購入しました。
プレゼントしてしまったので、試食はしていないのですが、近いうちに自宅用で作ってみたいと思います。ていうか、自分で食べたことがないものをプレゼントするのもどうよって感じ?

こんにゃく食パンは、家で作るのは今回で3本目、4本目。
少しは慣れてきたかな?
今回は、教室で作っているのを同じ1.8斤型で作りましたよ。
b0153126_21384577.jpg

このパンは、普通のパン屋では絶対に味わえない食感だと勝手に思っています。
だから私の中のプレゼントパンとして、このパンはすっかり定着。
次は誰にあげよっかなー。

マフィンは、クリスマスバージョンのマフィンカップで。
b0153126_21425798.jpg

本当はパンプキンマフィンを作りたかったんだけど、先生のところにかぼちゃペーストがなかったので、代わりにアーモンドペーストで作りました。
トッピングは、栗です♪
アーモンドペーストで作るマフィンも美味でした。
甘さを控えめにして丁度良かった。


これだけを紙袋に入れたら、かなりの重さでした。
でも、がんばって作った分、とーっても喜んでもらえました。
食べてくれる人、喜んでくれる人がいてくれるからこそ、作るのが楽しいんだなとつくづく実感しました。
周りの人に「おいしい」と言ってもらえるように、もっともっと技術を磨いていきます!!



ってことで、こんな私ですがクリックで応援してください。
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村



by ricolaR | 2011-12-30 21:49 | リコラの毎日
2011年 12月 19日

【復習】山食3本目&パンプキンマフィン

性懲りもなく、またまた山食です。
前回の失敗作の写真を先生に送ってご教示いただいたところ、山の部分がまっすぐ伸びず、開いてしまうのは、発酵オーバーの場合があるとのこと。
確かに!
発酵温度が低すぎないようにと、発泡スチロールを使った結果、逆に発酵温度が高すぎてしまったよう。結果的に、発酵の見極めに失敗してしまったと考えられます。
その失敗を教訓にして、今回は発酵温度も発酵の見極めも細かくチェック!
なんとか山が開かずに焼けました(*^^*)

b0153126_21293085.jpg



もう少し釜のびしてもいいのかな?
でも、初心者の私的には結構満足です。
あとは練習あるのみ!

ついでに、パンプキンマフィンを作りました。
b0153126_21152326.jpg

JHBSの教室で買ったパンプキンペーストを使用。簡単で、おいしいだよね、これが。すっかりお気に入り。

23日、今年一年お世話になったお礼のパンを作る予定。何を作ろうか(作れるか)考えるだけでもワクワクする♪

クリックプリーズ
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村

by ricolar | 2011-12-19 21:18 | リコラの毎日
2011年 12月 15日

ツインバード社コンベクションオーブン

わが家にツインバード社コンベクションオーブンTS-4118B が来たのは、今年の3月。
以来、家で焼くパンはすべてこのオーブンで焼いています。

はじめは、「高機能の電子オーブンレンジが欲しいな」とか「パンを焼くならやっぱりガス」とか、夢は膨らみましたけど、現実に戻ってみると……

現在は電子レンジが壊れていない。
ガスオーブンは高いし、置くところがない。

ということで、ツインバード社のコンベクションオーブンに決めました。

焼く10か月ほど使ってみての感想です。
普通のパンを焼くには、なんの問題もありません!!
庫内が狭いので、焦げないように注意は必要です。
でも、山食などの高さがあるパンを焼くときは、途中でアルミホイルをかぶせればノープロブレム。
とはいえ、教室のガスオーブンで焼いた場合よりも、どうしても焼き色は濃いめになりますが……。

また狭さゆえ、フランスパンは焼けません。
天板の大きさに合わせて、短いバゲットにするしかないですね。

温度は、200度までは結構早く上がります。
でもそこから250度までは、時間がかかるんですよね。
250度以上となると……

本格的なパンをたくさん焼きたい人には向きませんが、少数のパンを手軽に焼きたい、またはメインオーブンのサブ機としてはお勧めの1台です。

私もいつか大きなオーブン(できればガス!)を買ったとしても、このツインバード君とは末長くお付き合いしたい、そんなかわいいやつです。

by ricolaR | 2011-12-15 11:45 | リコラのつぶやき
2011年 12月 13日

【復習】山食&こんにゃくパン2本目

皆既月食後、心と体のバランスが一気に崩れた感じ。
昨日は、絶不調。
仕事もひと段落ついたこともあって、今日は自分のために過ごす時間にしよう!と会社を休みました。
人の生き死にに月の力が関係するという話もあるように、私たちのエネルギーにも月の力って関係しているように思う。

最近、土日は仕事や用事が入ってしまい、ゆっくりパン作りができていなかったので、今日は思いっきりパンを作ることにしました。

作ったのは、山食とこんにゃくパン。

山食は、前回は山の部分がまっすぐに伸びず、型にのしかかるような出来栄えになってしまいました。粉量の問題か、成型に問題があるのか……わかりませんが、今回もう一度、前回と同じ方法で焼いてみました。

が!あえなく失敗。
その失敗をご覧ください。

b0153126_17432116.jpg

b0153126_17433931.jpg
b0153126_17435025.jpg


やっぱり、山の部分がまっすぐ上に伸びませんでした。
むしろ前回よりも型の上にのしかかってしまいました。
うーん。これはどうすれば、まっすぐキレイに伸びてくれるんでしょう……

一方、こんにゃくパンはというと。

b0153126_17462620.jpg

表面のこんにゃくが特に焦げてしまいましたが……。
教室で焼いたときと、若干似ている?

やっぱり山食は難しい……。
そういえば、最近カンパとか、ベーグル焼いてないなあ。
山食がもう少し上手に焼けるようになるまで、おうちパンは山食ばっかりになりそう。。。



山食が上手に焼けないリコラに愛のクリックを!
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村

by ricolaR | 2011-12-13 17:51 | bread
2011年 12月 06日

【復習】山食1本目

先日、JHBSで習った山形食パンの復習がようやくできました。

こんにゃく食パンの時、温度管理を失敗したので、先日買った発泡スチロールを使って、しっかり温度管理をしました。
あと、食パン型も家にあるのは2斤型と1.5斤型。こんにゃく食パンのときは、レシピ通りの2斤型で作ったけど、いまいち膨らまなかったので、今回は試しに1.5斤型で300gで作ってみました。
この1.5斤型は、ABCで買った型。ABCでは粉量250gで作りましたが、1.5斤型で300gで作る本もあるようなので、300gで作りました。

とにかく、JHBS山形食パンの丸め・成型はとても手順が複雑。
だからこそ、早く復習したかったんです。
じゃないと、すぐに忘れそうで……(^_^;)
一生懸命メモしたノートを振り返りつつ、なんとか成型はできました!

一次発酵、仕上げ発酵と無事にできて、焼き上がりは……
こんな感じ。
b0153126_2014153.jpg


型が小さ過ぎたのか、粉量が多かったのか……
山の部分がまっすぐに伸びず、型に盛り上がって、跡がついてしまいました。
もしくは、こね・成型に問題があったのか……
レッスンで使った1.8斤型を注文したので、型が届いたらレシピ通りに作ってみます。

ちなみに、断面はこんな感じ。
b0153126_20143254.jpg

下の方がちょっと詰まってしまいました。
これに懲りず、復習がんばります。

by ricolaR | 2011-12-06 00:00 | bread
2011年 12月 01日

おうちパンを極めるために

家でのパン作りに本腰を入れ始めた季節は、あたたかい時期で、発酵温度もそれほど気にしなくてOKでした。
でも、先日こんにゃくパンの失敗を経験して、改めて温度の大切さが身にしみました。

それまで適当にやっていた発酵やベンチタイムも、きちんと温度管理をしてやろう!と思います。

JHBSの授業でベンチタイムと言えば、登場するのがばんじゅう。
それまで、全然知らなかったんですけど、和菓子やおもちを入れる薄い黄色のプラスチックケースと言えば、想像つくでしょうか?
実際、ホームセンターでも売っていましたが、おもちを入れるケースとして売られていました。
このばんじゅうに布巾を引いて、休ませる生地を入れます。
ABCではぬれ布巾をかけていました。
JHBSでは、ばんじゅうに入れてふたをすることで、乾燥を防ぐのだとか。
でも、このばんじゅう。かなり、大きいんです。
使わない時は、道具をしまっておけるとのことでしたが、それほどパンをたくさん焼くわけではないので、いまはまだばんじゅうは必要ありません。
そこで、大きなタッパー容器を購入しました。
b0153126_20183341.jpg

これに布巾を引いて、生地を入れてみたいと思います。
これなら、ベンチタイム中の温度管理もできます。

そして、一番の問題が、発酵温度。
レンジの発酵機能もあるにはあるんですけど、私はパンを焼くときは、電気オーブンで焼いています。つまり、電子レンジとは別機。天板の形が違うので、一次発酵はできても、成型して天板に載せたものをレンジで二次発酵させることができないんです。
電子レンジの丸天板から、オーブンの角天板に移さなければなりませぬ。そのため、電子レンジの発酵機能は使っていません。
b0153126_2020233.jpg

でも、この発砲スチロールなら、角天板も十分入るので、これからは発酵温度もきちんと管理できますね。
なーんて書いたら、発酵が問題で失敗できないじゃん。


ハマりだすと、とことんハマる私。
いつか広いキッチンを手に入れた暁には、ガスオーブン、こね機、発酵器、そんでもって高さも広さも十分な調理台で、ステキなパン作りライフを送っちゃうわぁ~(妄想)

気合いは十分だけど、明日から怒涛の日々が……。
明日は4時起き、始発出社。
土日は札幌出張。
月曜日から7日まで原稿執筆。
なぜか鼻にヘルペスができてますが(笑)、体調を崩さないようにがんばれ、私!



こんな私を応援してください。
あなたのポチッとで、元気100倍!
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村

by ricolar | 2011-12-01 20:17 | bread
2011年 09月 25日

へっぽこカンバーニュ

3連休の最後の今日、家でまったり過ごすはずが、なんだかバタバタして終わって行きました。
それでも、今日はパンを3つ作りましたよ♪
一つは我が家用、残り二つはプレゼント用です。

まずは、我が家用のシンプルなカンパーニュ。
レシピは、高橋雅子さんの少しのイーストでつくるパン〈1〉ゆっくり発酵 カンパーニュ (少しのイーストでつくるパン 1)から。
今回は水分量を多めの中級の作り方で作りました。
生地は、前日に仕込んでおいて、オーバーナイト発酵させたもの。
水分が多いので、ベタベタして少し大変だったけど……焼き上がりは、初級の水分が少ないものよりもふっくらしました。
b0153126_20482415.jpg

ただ、焼き上がった形はいびつなうえ、クープの開きもおかしいですが。
中はもっちりしていて、とてもおいしかったです。
まあ、我が家用のパンなので、見た目はまあ……。今後の課題ということにします。

次に作ったのは、高橋雅子さんの同じ上の本の初級の作り方で、レーズン、クルミ、いちじくを入れたもの。
会社の上司からのリクエストで作りました。
b0153126_20511939.jpg

中級に比べると、水分が少ないから、生地は少し固めに感じました。
水分量の違いで、生地のこね上がりも全然違うんですね。
どうしても、レーズンやイチジクが外側に出てしまうので、それが焦げてしまったのが残念。
具材の量をもっと減らせばいいんだけど。どうしても、欲張ってたくさん入れすぎてしまうんです。


もうひとつは、会社の先輩のご主人が好きなレーズンパン。
こちらも以前からリクエストいただいていたもの。
たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピの本から、門間みかさんのイギリスパンのレシピで作りました。
みかさんは、強力粉と最強力粉の二つをブレンドしていますが、手元にないので、普段使っているはるゆたかブレンドで作りました。
b0153126_20595354.jpg

二つの山が同じように膨らまないのは、やっぱり丸め方に問題あり。
生地の張らせ方を同じようにやっているつもりでも、どこか違っていたようです。
これも、素人ゆえのご愛敬ということで、目をつぶっていただきます。


明日は、JHBSの初級レッスン1回目。
前回は体験レッスンで、ABCと全く違うこね方にびっくりして終わってしまいましたが、いよいよレッスンスタートなので、しっかりお勉強したいと思います。



パンを作ったら、おされな写真を撮りたい!
デジイチが欲しいリコラにエールをお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

ついでに、こちらも。


by ricolaR | 2011-09-25 21:04 | bread