人気ブログランキング |

まいにち キラキラ

ricolar.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

ポスチュアウォーキングレッスン

以前、ポスチュアウォーキングのレッスンを受けたことは、blogでも書きましたが、そのあとも継続してレッスンを受講しています。

ポスチュアウォーキングは、普段見ることがないテレビ「はなまるマーケットに、ポスチュアウォーキング協会会長のKIMIKOさんがテレビに出演されていて、「歩くだけで痩せる」というテーマで歩き方を紹介していたのを偶然見たことがきっかけです。
歩くことは、元気でいる限り、必ず毎日行なっていること。
お金もかからないし、なにか特別な道具を使うわけでもないし、我慢をしなくていい!
それで痩せられるなんて、こんなうれしいことない!と、KIMIKO先生のワンデイレッスンを受講したんです。

いままで私が思っていた痩せるためのウォーキングは、「大股」で、なおかつ「早歩き」で歩くことだと思ってました。
その概念が見事に打ち砕かれましたね~。

ポスチュアウォーキングのポスチュア(POSTURE)とは、英語で「姿勢」という意味だそうです。
だからポスチュアウォーキングで目指すのは、姿勢がきれい、女性らしくエレガントに歩くこと。
当然、『大股」「早歩き」はNG。エレガントとは程遠いですからね。

ワンデイレッスンでは歩き方の概念は打ち砕かれたものの、粉々になったままではいかん!ということで、継続してレッスンを受けたいと思っていたところ、KIMIKO先生のレッスンのアシスタントに入っていらしたのが、千葉市の小原京子先生
小原先生が「千葉駅の近くで、コースレッスンをやるのよ」と声をかけてくださったのです。これは、受けねば!ということでさっそく申し込み。
3月からスタートして、今日で2回目。

ポスチュアウォーキングでは、歩くときに体の隅々に意識し、動かしていくのですが、ただ歩くためにこれほど意識を働かせるのか!(ノ゜⊿゜)とノびっくり!!。
なかなか体が思うように動きません。
意識しすぎて筋肉痛になったり、逆に意識するのを忘れて、ダラーッとあるいてしまったり。
レッスンでは、集中してがんばれるけれど、一歩外に出ると、なかなか意識を集中させることが難しいです。
意識しなくても、ポスチュアウォーキングが自分の歩き方として定着するには、まだまだ長い道のり。
でも、小原先生が「一度にすべてやろうとしなくていいのよ。一つずつ意識して、体に覚えこませれば大丈夫。オホホホ~」とエレガントにアドバイスいただくので、それが毎回励みになっています。

この1か月、歩くときにお尻に意識を集中させることだけは、がんばりました。
おかげで先生から「お尻の形がきれい」と褒められましたv(*'-^*)bぶいっ♪
体重や体型の大きな変化は感じられないけれど、便秘が解消されたかも!
ものすごい便秘症で、いろいろ試してみてもなかなか毎日……とはいかなかったのが、いまではほとんど毎日スッキリ。
あと、足のむくみが改善されました。
ポスチュアウォーキングは、足のマッサージをしているのと同じことなのだとか。
以前は足のむくみで痛くて寝られないことがあったのが嘘のよう。
本当に歩くだけで、体が健康になるんだなと実感できました。
レッスンでは、歩き方だけではなく、そうした歩くことでのさまざまな効果や体にどんな働きをするのかなども教えていただけるので、とってもお得(笑)

今日のレッスンでも、お褒めいただきながら、しっかりと自分のウィークポイントも確認でき、これからどこに意識を持っていくかが明確になりました。
次回、5月がコースレッスンの最終回。
それまでに一歩でも、エレガントな歩き方ができるように、がんばります。

by ricolaR | 2012-04-30 00:29 | beauty
2012年 04月 28日

千葉市民の勤め?

わが街をホームスタジアムに持つ千葉ロッテマリーンズの試合観戦に行ってきました。
実は、野球観戦はこれが初めて。
ロッテファンの友人に誘われて、行ってみることにしたんです。
いつも遠くからQVCマリンスタジアムは見ていたけれど、中に入るのも当然初めて。
b0153126_19565976.jpg

外には、たくさんの飲食店も出ていて、さながらお祭りのようでした。

野球は時々テレビで見ていたけど、やっぱり実際に生で観戦するのとでは全然違う。
外野席で見ていたので、かなり遠くて、ボールの行方がぜんぜん分からなかったけど、球場全体が見渡せて面白かった。
それに、応援団が応援する声や楽器の音が、さらにその迫力さに力を与えていて、よく先週の人が「応援が力になる」って言うのがわかるような気がしました。

それにしても、みんな本当にユニフォームを着て応援しているんですよねー。
まだごひいきの選手がいないけど、いつか私もユニフォームを着て観戦しちゃうかも。

by ricolar | 2012-04-28 19:56 | リコラの毎日
2012年 04月 27日

ポストカード集めに夢中

ポストカードを海外の人と交換するpostcrossing。
これまでに5枚のカードを送り、先日そのうち、一番最初に送った1通がドイツに届いたそうです。
同時に送ったロシアからはまだ音沙汰なし。
私が送った1通が無事に届いたということで、新たにもう1通送れるようになり、さらに私の手元に1通届くことになります。
どこの国から、どんなカードが、どんな人から送られてくるのか……。
ものすごくワクワクしてきます。

このpostcrossingのシステムでは、自分の送った手紙が届かないと、次の新たな贈り先を入手できないようになっています。
海外、それも郵便事情の異なる環境なので、そう簡単にすぐ届くわけがないんだけど。ついつい、ポストカードやシール、切手など、外国人に喜ばれそうなものを集めることにすっかり夢中になっています。
もともと家にあるカードや、新たに買ったもの、母や会社の先輩からもらったカードを合わせると67枚にも。
幸い、私は日本全国へ出張に行ける身。
行く先々でポストカードを買いに行こうと思うと、出張も楽しみになってきました。
久々に、私の収集癖をくすぐってくれる趣味に出会えましたよ。

ということで、一番最初に送った2通以外のポストカードをご紹介します。

send#3 to Russia
b0153126_23125287.jpg

ロシアの8歳の女の子に送ったカード。
好きなものにトトロとかいてあったので、東京駅にあるジブリのショップで購入しました。
でもこれ、ポストカードではなく、絵葉書。
外人には若干地味かも?

send #4 to Russia
b0153126_2312514.jpg

こちらもロシアへ。
春っぽい風景を選んでみました。

send #5 to Russia
b0153126_23125050.jpg

こちらもロシア。
松尾たいこさんのイラストです。

send #6 to Germany
b0153126_23125216.jpg

こちらはドイツへ。
ドイツは2回目。
いま話題のスカイツリー。


よく、欲しいポストカードのリストに、あなたの街のカードと書いてある人がいるんですよね。
東京や京都ならいざしらず、千葉のポストカードなんてあるのかな?
そもそも千葉の観光の名所ってあるの?
外国に行くと、あちこちに観光客向けのお土産屋さんがあって、そこでチープなポストカードがたくさん売られているけど、日本だと浅草とか京都とか、そういうメジャーなところにしかなさそう。
うーん。できれば地元のカードを送りたいなー。

by ricolaR | 2012-04-27 23:22 | postcrossing<s>
2012年 04月 26日

JHBS中級 レーズンツイスト/オニオンベーコン 特別講習:フォカッチャ

午後半休できたある日、JHBSのパン教室に行ってきました。
初級が終了して、いよいよ本格的に中級のはじまりです。
b0153126_21461636.jpg

中級で作るパンのメニューを見ると、食パンのアレンジや応用などが出てきて、楽しみ。
今回作ったのも、食パンのアレンジメニューでした。

レーズンツイストは、シナモンとレーズンという私の鉄板的組み合わせの食パン。
初級で作った山型食パンのアレンジということでした。
b0153126_21461918.jpg

山型食パンの成型よりも、ツイスト成型の方がカンタン。
ツイスト成型の紹介も兼ねてのメニューだったので、この生地で山型成型でももちろんOKとのことでした。
山型食パンの復習も兼ねて、今度山型成型で作ってみようかな。

もう1種類は、オニオンベーコン。
b0153126_21461819.jpg

1次発酵後の生地が、とってもふわふわ。
教室では、機械で捏ねているのですが、これを手ごねするのはなかなか手ごわそう。
でも、先生にコツを教わったので、家で手ごねでやってみようと思います。
こちらは、ミニ食パン型に入れて作りました。
ミニでも、山形・ワンローフ・ツイストとさまざまな食パン成型ができるんですね。
食べきりサイズに丁度よいかも♪
焼き立ては、とってもふわふわで、オニオンの甘さとベーコンのうまみがきいていて、食事パンに最高です。

この日は、午後半休ということで時間もあったので、特別講習も受講してきました。
先生のblogを見て、作りたいパンをリストアップしていた中から選びました。
今回作ったのは、フォカッチャです。
b0153126_21461718.jpg

フォカッチャというと、平べったいものだと思ってました。
でもこれは、18cmのデコ型で焼くんです。
どんなパンになるのか?と思ったら、すっごくモッチモチ。
ハーブとオリーブオイルがパンにしみこんで、とってもおいしいです。
これは、パーティとかに出すと喜ばれそう。
このパンがモチモチは理由は、JHBSの「フランスパン粉」という専用粉を使っているからなんだろうな。
いわゆる中力粉だそうで、一般的なフランスパン用の粉でいう「準強力粉」ではなさそう。
準強力粉で作ると、このモチモチはでないのかな??
今度実験してみたいです。

本日のお楽しみメニューは、かぼちゃを使ったスイーツを教わりました。
b0153126_21461797.jpg

以前、かぼちゃのペーストを購入したので、それを使ったスイーツを習いたいとリクエストしておいたのです。
そのペーストがえびすかぼちゃ100%のものなので、かぼちゃの甘さが引き立って、とってもおいしいスイーツ。季節外れですけどね。


今日もおうちで、へっぽこパン作りに夢中のリコラを応援してください♪
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村




by ricolaR | 2012-04-26 12:21 | bread
2012年 04月 24日

イングリッシュブレッド&スコーンサレ

月一回のお楽しみのパン教室「Baking Studio Grano Di Ciaco」のレッスン。
b0153126_2232080.jpg

いつも、素敵なインテリアでとっても心がなごみます。
こんなダイニングにコーディネートできたら……
うっとりとしながら、今回も2種のイングリッシュブレッドと天然酵母スコーンサレを習ってきました。

イングリッシュブレッドは、プレーンとブラウンの2種。
ブラウンの方は、マスカルポーネと先生手作りのいよかんコンフィチュールのサンドでいただきました。
b0153126_20543660.jpg

今回のレシピは、このブラウンのパンのために作られたレシピというだけあって、それはそれは感動的なお味でした。
食べたとき、粉の風味がフワーッと口に広がり、いよかんの甘さと粉の味をマスカルポーネがとっても引き立てているんです。
これは絶対、復習必須のパン。GWに作ります。
b0153126_22315998.jpg

プレーンの方は、こちらも先生手作りのタプナードを使ったサンドイッチ。
ciaco先生の教室に来て、サンドイッチの概念がガラリと変わりました。もちろんいい意味で!
サンドイッチがこんなにおしゃれなものだったとは!

もう1種類は、先生のお教室で人気の天然酵母スコーンのアレンジバージョン。
スコーンサレ。別名「夜のスコーン」!
食べてみて、その名前の理由がよくわかりました。
b0153126_22315999.jpg

だって、ビールにぴったりなんですもの!
フィリングを入れた時のスコーンの成型の仕方を詳しく教えていただきました。
私はまだプレーンのスコーンを習っていないので、ぜひ今度教えていただきたいです。
b0153126_22315936.jpg

毎月、人気のお教室。
5月はどんなパンが習えるのか、とっても楽しみです。

by ricolaR | 2012-04-24 21:05 | bread
2012年 04月 23日

祈りの島・久高島

沖縄の二日目は、久高島へ。
名護から車を飛ばして、南部の安佐真港へ。ここに車を置いて(!)久高島まで船で向かいます。

久高島は、私は初めて。
度々訪れている母から、久高島の魅力を聞かされていたので、絶対一度は訪れたかった場所。
b0153126_22195935.jpg

久高島が「神の島」ということは、ガイドブックなどに書かれているのを読んで知ってはいました。
でも今回、島でただ一人の祝女(ノロ)の方に島を案内していただいって、その意味の深さをよく知ることができました。
b0153126_222067.jpg

さまざまなお話を伺ったなかで印象的だったのは、久高の人びとの祈りは自分たちの島や住民のためだけではなく、むしろ7つの海と大陸のためにまず祈ったそうです。
自分たちのことよりも、周りの人、他の人のために祈る――。
私たちが今の時代を生きるために大切なことを教えてもらいました。
b0153126_22205665.jpg

季節外れのカメに出会えるサプライズも!
b0153126_2221282.jpg

b0153126_22212048.jpg

b0153126_22214047.jpg

久高島で、たくさんの自然と神々の願いとはなんなのか……。
いま、日本のみならず世界、地球は数多の問題を抱えています。
目の前の問題に右往左往するのではなく、一人ひとりが他を思いやる、祈ることの大切さを改めて教えてもらったように思いました。

祝女の方から貴重な話を伺いましたが、もっと沖縄の歴史について勉強してから行かないと、話がなかなか理解できず。
次回までにお勉強しておきまーす。

by ricolaR | 2012-04-23 13:53 | trip
2012年 04月 21日

母と二人旅in沖縄

早くも今年2回目の沖縄。
今回の旅のお供は、母。
b0153126_23141358.jpg

お互い、沖縄へは何度も旅行しているのに、実は母娘二人で沖縄へ行くのが今回が初めて。
ちょうど母が2月に沖縄へ旅行へ行って、帰ってくるなり「今度4月に行くから」と。それも行き先に久高島が入っているということで、前から一度訪れてみたかった久高島ということで、私も一緒に行くことにしました。
でも、ちょうど入稿前の忙しい時期。
ちょっと無謀だったかと思いもしたけど、人間やればできる!「沖縄旅行」というニンジンのおかげで、締め切り前に原稿を終わらせることができました♪
ただスケジュールはハードです。
木曜の最終便で沖縄へ行き、月曜日の朝イチの飛行機で帰ってそのまま出社。
かなりきついけど、こうすれば意外とカンタン?に沖縄に行けるんですね。
ようは、行こうと思うかどうかなんですね。

ってことで、金曜日は初めて沖縄に行ったとき、お世話になった方と久しぶりに再会し、母を紹介。3人で食事を楽しみました。

その午後は、私が本島でいま一番心がリラックできる場所へ……
b0153126_2312032.jpg

本島北部の本部長にあるIce Crean Cafe 夕覧舟(ゆうらんせん)です。
このお城のような建物がカフェなんですよ。屋上からは360度パノラマビュー。
目の前に広がる海を眺めながら、アイスクリームを食べるんです。
b0153126_2314029.jpg

このアイスクリーム、正式には「アイスクリン」といいます。
創業36年のアイスクリン。全部手作りだそうです。
沖縄らしい、たんかんやマンゴ、シークワーサーのほか、バニラやストロベリーなどもあります。
今回、私のチョイスはたんかん&マンゴ。
なんと、ワッフルコーンも手作り。これがまたウマイ!
コーンだけでも十分おいしいんです。
でも、ここが私の癒されスポットな理由は、景色がよくて、アイスクリンがおいしいだけではなく、オーナーさんをはじめ、スタッフのみなさんのあたたかいおもてなしにいつも心がいやされるんです。
とっても、心がほっこりする場所。

今回、私の癒されスポットに母を連れて行きたかったので、念願かなってよかったです。
母もとっても気に入ってくれました。
自分が大事にしているところへ、大切な人と訪れることができるのって、とっても幸せだな~と思いました。
今回の旅は、そんなことにたくさん気づく旅でもありました。

次回は、神の島久高島のことを紹介したいと思います。

by ricolaR | 2012-04-21 23:24 | trip
2012年 04月 19日

postcrossingはじめました

まだ少女という言葉が当てはまる時の私の趣味は、文通でした。
国内、海外問わず、見ず知らずの人と手紙を交換することが大好きでした。

英語なんて、まったく分からないのに、ペンパル協会みたいなところに申し込んで、海外の人と文通したり。でも、結局英語ができなくて、自分の伝えたいことが100%伝えられないもどかしさに挫折したんですが(汗)
そこで、もっと踏ん張れば、今ごろ英語が喋れていたかも?

国内では、昔は今よりも個人情報に敏感ではなかったので、よく雑誌の文通募集のコーナーを見て、手紙を送ったりしていました。

結局、ずーっと続いているご縁はないんですけどね(汗汗)

最近、あるblogを見ていて、postcrossingというのを知りました。
ひと言で言うと、絵葉書を世界中の知らない人と送り合えるサービス。

postcrossingのサイトに登録すると、5人の方の連絡先を知ることができて、その人に絵葉書を送ります。
自分が送った絵葉書が相手に届くと、相手がそのことをサイトを通じて報告してくれます。
そうすると、自分にも世界の誰かから絵葉書が届くというもの。

少女のころ、自分の知らない街や国から手紙が届くワクワク感、ドキドキ感がよみがえってきました。
世界中ということで、使用言語はもちろん英語。
でも、絵葉書なので、宛名面に相手と自分の住所・名前を書いて、切手を貼ってしまえば、コメントを書く欄はほんのわずか。
これなら私にもできる!ということで、早速登録しました♪

私が絵葉書を送る5人のうち、4人はなぜかみんなロシア。あと1人はドイツの方でした。
全員女性。

まず、私が最初に選んだカード。
b0153126_13274629.jpg

send #1 to Germany
ポップな東京?の絵葉書。イラストレーターは、松尾たいこさん。
たいこさんの色使いが大好きなんです。ちなみに、私が編集している雑誌の表紙を描いてくださっています。
ドイツの方に送りました。

b0153126_13282861.jpg

send #2 to Russia
もう一枚は、ロシア。
こちらのカードも、松尾たいこさんです。

絵葉書って、旅行先で買っても出す相手がいないので、だんだん買わなくなってしまいましたが、これからは日本各地で様々な絵葉書を探すのが楽しみになってきました。
残りの3人の中には、11歳の女の子がいて、トトロが好きとのことなので、さっそくトトロの絵葉書を買いに行こうと思います。

私が書いたつたない英語が通じるのか、そもそもこの絵葉書が本当に相手に届くのか……
デジタルな電子メールが当たり前の現代だからこそ、アナログで世界中とつながれることがとっても楽しみです。

by ricolar | 2012-04-19 13:26 | postcrossing<s>
2012年 04月 12日

ゴマ・クルミベーグル

再びベーグル。
どうしても、どうしても!
具材を巻き込むベーグルがうまくいかない。
まず、具を巻き込んだことで、空洞ができてしまう。底が割れて、そこから具材が溢れ出してしまう。
これらの数々の失敗作を前にして、さすがにへこみました。

底割れしないベーグルが作りたい!
つまり、具材を巻き込むのではなく、まぜこむベーグルにしよう!

ということで、黒ゴマのベーグル。
b0153126_23432123.jpg

クルミのベーグル
b0153126_23431842.jpg


今回はドライイースト(赤サフ)使用。

具材を混ぜ込んだことで、空洞&底割れしないベーグルがなんとかできました。
あとは、均等にきれいな丸が成型できるといいんだけどな。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

by ricolaR | 2012-04-12 15:43 | bread
2012年 04月 10日

へっぽこマンゴークリチベーグル

へっぽこシリーズ第2段。

ベーグルです。
見た目通りのへっぽこぶり。
b0153126_026779.jpg

フィリングは、マンゴー&クリームチーズ。
鉄板の組み合わせなのに、いつも見た目がイマイチどころかイマサン、イマヨン??

レシピは、またまた高橋雅子さんのゆっくり発酵ベーグル(少しのイーストでつくるパン2)です。
ただ今回は水を豆乳に置き換えてみたものの……。
すんげー生地が硬い。
こね上がらないのではないか、逆にこね過ぎてしまうのではないかと、ヒヤヒヤでした。

あ、これは高橋さんのレシピに問題があるわけでは、絶対にないですからね。
我が家の台所の乾燥状態や粉、水分を豆乳に変えたことなど、理由は様々だと思います。
でも、出来上がりを食べてみたところ、生地はぜんぜん硬くなくって、フカフカでしたよ。
マンゴーが超おいしかった♪

いつも中味が爆発したかのように、底割れしていたので、今回は気をつけて成型しました。
なるべく空気が入らないように、ぎゅぎゅっと。
その成果か、底割れはそれほどひどくはありませんでした。ホッ。
でも、閉じ目が美しくない。

こういうシンプルな成型のパンの方が、実は成型が難しいです。(私の感想ですよ)
ただ「丸める」という作業が、どれだけパンの善し悪しに影響するか!!
たかがベーグル、されどベーグル。奥が深いです。



クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

by ricolaR | 2012-04-10 23:43 | bread