まいにち キラキラ

ricolar.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 23日

JHBS中級 キャロットブレッド、チキングラタン

中級ラストは、キャロットブレッドとチキングラタン。
初めてJHBSの初級を受講したのは、昨年12月26日。
1年ちょっとで無事に中級が終了しました。
b0153126_22503116.jpg

こね機を使って焼くという、今までの手ごねONLYの作り方とは違って、最初はとまどったけれど、今ではそのこね機も購入して、JHBSの作り方にもかなり慣れてきました。

b0153126_2251488.jpg

キャロットブレッド。
すりおろしたにんじんを入れた生地をメッシュ型で焼いたもの。
にんじんの味は、正直、全然ありません。
ほんのり甘みと、しっとり感が出る程度です。
でもメッシュ型で焼くので、周囲はカリッと、中はもちもち。
普段とはちょっと違ったパンが焼けると言う意味では、メッシュ型、おもしろいですよ。
さっそく、型を注文しました!

b0153126_22503257.jpg

チキングラタン。
お惣菜パンは普段家でほとんど作らないんですけど、グラタン好きの私としては楽しみにしていたパンでした。
作り方はいたって簡単。
でも、フィリングのグラタンを作るのが面倒だなーと思ってしまいました。
レッスンでは、先生が用意してくれるからいいんですけどね。
グラタンを多めに作った後にこそ、作るパンですね。

b0153126_22503196.jpg

初級で習い、講師試験として焼く山食の復習。
もっともシンプルで、もっとも難しいパンですね。
以前JHBSでは、釜伸びすることを重要視していたようですが、今は成型のやり方がさらに進化して、釜伸びさせることももちろん大事だけど、それよりも食べた時の食感をとても大事にしているようです。
いわゆる食パンですが、とてもしっとりもちもちしています。
クラムに気泡が入っているのですが、入っていていいんだそうです。
それでしっとりした食感が出るのだとか。
あまり力を入れすぎない、二つのお山が同じ高さになることが理想。
シンプルであるが故、成型の仕方が如実に結果として出るのがこの山食です。
久々に復習で作りましたが、やっぱり山食は難しい。
もっと作りこまないと、成型の仕方を忘れちゃいますね。

b0153126_22503165.jpg

こね機を買ったら、どうしても習いたかった究極のシフォンケーキ。
買ったこね機は、なんとケーキも作れるんです。
こね機で作るメレンゲは、あっという間にフワフワのメレンゲが作れるんですよ!
その機能を使って作るシフォンケーキ。
こんなにあっと言う間に作れるの!とびっくりしました。
時間が経った方が、よりしっとりして美味しいとのことでしたが、作り立てで十分美味しかったけど、時間を置いたことでしっとり感が増して本当においしかったです。

これから本格的に上級のスタートです。
[PR]

by ricolaR | 2012-12-23 22:50 | bread


<< こね機に続きオーブンも買っちゃ...      こね機、買っちゃいました! >>