まいにち キラキラ

ricolar.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 18日

JHBS初級 シナモンロール/レーズン&チーズバンズ

遅くなりましたが^_^;
10月のJHBSのレッスンをアップします♪

JHBSでは、一回のレッスンで二種類のパンを作ります。
初級では、一つは手ごね、もう一つは機械ごねです。
ABCとJHBSの両方の手ごねで作ったパンを食べてみて、個人的にはJHBSのパンの方がおいしいと思います。
JHBSの方が、生地のこね上がりもとてもふわふわしています。捏ね方も、いくつかの技法を駆使する分、少し難しくなっています。でも、ABCにはABCの良さがあると思います。短い時間で簡単に家でパンを手づくりできるうえに、思考を凝らした見た目にもカワイイパンが作れるのが、ABCの魅力だと思います。その点、JHBSの方が地味といえるかもしれません。

手ごねで作ったのは、レーズン&チーズバンズ。
b0153126_15343156.jpg

バンズ成型を習いました。
具材を入れた丸パンなのですが、単に丸めるとか、具材を混ぜ込むというのではなく、本当に丁寧に具を入れこみながら、丸型に成型するやり方を習いました。
この細かさ、丁寧いさがJHBSの特徴だなと私は思います。
チーズの方は上にマヨネーズ、レーズンの方はグラニュー糖をかけて焼きました。
翌日になっても、パンがふわふわしていました。丁寧にこね→分割→成型をしているからこそのふんわり感なんでしょうね。

もう一つのパン、シナモンロールは機械ごねで一次発酵まで終えた生地の分割からはじめました。
b0153126_15391221.jpg

生地の中にカスタード、シナモン、レーズン、アーモンドを入れたパンを花形に成型。どれも大好きなフィリングです。シナモンをたっぷり入れたので、本当においしかった。
見た目もかわいくて、プレゼントに最適なパンです。
ちなみに、カスタードは先生の手づくり。
ABCとの違いに、JHBSの場合は水や粉、塩、イーストなどの計量は先生がしてくれているということもあります。(ただこれは、JHBSの先生によって違うのでしょうか?)
ABCではカスタードも自分で作りますが、私が習っているJHBSの先生はカスタードももう用意してくださっていました。一応、レシピは教えてもらいました。

さらにABCとの違いに、JHBSではパンの授業の合間に、お楽しみレッスンということで簡単なスイーツの授業もあるということ。
ABCのケーキレッスンほど本格的ではなく、クッキングレッスンのときにデザートとして作るものに近いでしょうか。簡単でおいしいです。ただ、JHBS独自の材料を使うこともしばしばですが……。
この日は、10月と言うこともあり、パンプキンマフィンを作りました。
b0153126_15471660.jpg

JHBS特性のかぼちゃのペーストを使います。
パンを発酵させている合間の時間で簡単に作れて、しかもおいしい!
先生にお願いして、かぼちゃのペーストをわけてもらいました。教室では栗を入れましたが、後日家で作った時はレーズンを入れて作りました。栗もおいしいけど、レーズンもGOOD!


今回は、JHBSがABCとはどう違うのか? 
まだ3回目ですが、JHBS側の視点から私が感じたことをまとめてみました。
決して、ABCが良くないということではありません。
今度は、ABCがJHBSとはどう違うのかという視点で書いてみたいと思います。
[PR]

by ricolaR | 2011-11-18 15:51 | bread


<< カリスマ講師に習う 11月Cメニュー      パリブレスト >>