まいにち キラキラ

ricolar.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 03日

現実を知る

ダイエットの第一歩は、現実を知る・認めること。

よく、「体重計に乗るのが怖くて、ぜんぜん測ってない」って聞きます。
でもそんなことを言っていたら、ダイエットなんて永遠にできませんよ!

私も、体重計に乗るたびに、いやな現実と向き合う羽目に……。
とくに、がんばっても体重が減っていない時……。
ちょっと食べすぎちゃって、案の定、体重が増えている時……。

「そんなこと、ないはず」とか、「いくらなんでも、そこまでは」と、何度体重計に向かって文句を言ったことか。

でも、それを言っていたら、いつまでたっても痩せられない……(涙)

先生からのご指導で、毎日体重を測ること!と言われて、背中を向けていた現実としっかり向き合うことにしました。
私がいまでも続けているのが、朝晩体重を測ってグラフに記入するというもの。

便秘をしていたり、生理だったり……
いろいろな自分の体調の変化に合わせて、体重も変化することがよくわかります。
それまでは、何日便秘をしているかも全く意識していなかったけど、体重を記録するようになってから、とにかく便秘しないように心がけるようになりました。

レコーディングダイエットがはやりましたが、毎食の食事内容をメモするのは、私にはかなり面倒くさい作業。でも、体重を朝晩記録するだけなら、ぜんぜん楽チン。

私は、NHKの「ためしてガッテン」の測るだけダイエットのグラフを利用しています。

NHKためしてガッテン 計るだけダイエット新装版 効果倍増7日間健康レシピNHKためしてガッテン 計るだけダイエット新装版 効果倍増7日間健康レシピNHK科学・環境番組部/アスコム

アスコム 2010-08-11
売り上げランキング : 87074


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

体重を測って、グラフにポチポチとチェックをするだけ。
毎日続けられる秘訣は……
①体重計を目につくところに置くこと。
②そして、グラフを体重計のすぐそばに貼ること。

体重計に乗ることを自分の生活の一部にしましょう。
そしてグラフは恥ずかしくても、目につくところに貼る。この「貼る」っていうのが、ポイントです。
どこかにしまってしまうと、絶対に開くことはありません。
貼ってあれば、グラフに付けるのは簡単。

こうして私は、毎日欠かさず体重を記録しています。
これも、ひとつのレコーディングダイエットですね。
そして、食べ過ぎてしまった時や便秘をしている時、生理中、体調不良など、体の変化はもとより、出張、運動したなど行動の記録も簡単にメモしています。
つまり、それが増えてしまった時の言い訳になり、減った時の理由づけになるわけです。

体重の変化を見るときのポイントは、夜の体重より、翌朝の体重がどれだけ減っているかということ。
寝ているだけでカロリーを消費する代謝量が高ければ高いほど、体重は減っています。
翌朝の体重があまり減っていないということなら、基礎代謝が低いのかもしれません。

そうしたら、基礎代謝を上げるために筋肉をつけようと、ストレッチやウォーキングなどに力を入れればよいのです。

体重を測るということは、いやな現実と向き合うことですが、その現実に目をそむけていると、ダイエットに必要な自分の体の情報からも目をそむけているということになりかねません。

ダイエットをするうえで、体重計は自分の状態を把握するための、必要なツールです。
いまは、基礎代謝量や体年齢など、体重計に乗っただけでさまざまな情報が出る体重計も出ています。
賢くツールを使って、ダイエットの味方にしたいですね!
[PR]

by ricolaR | 2010-12-03 23:59 | ダイエット2010


<< おせち料理に挑戦      ダイエット宣言 >>